マツコ会議eスポーツゲーマー!小学生めろんとほのかや美女プロTemaとは?

スポンサーリンク

10月20日のマツコ会議では、

eスポーツカフェに潜入!

美女ゲーマーのたかぬな選手、てま選手、

天才小学生ゲーマーのほのかちゃんと、

めろん君が出演!

てま選手はマツコさんと対戦されていました!

オリンピックにeスポーツが採用される

かもしれないと報道され、ゲームが競技として

一躍注目され始めていますね。

YouTuberが小学生のなりたい職業に

定着しつつありますので、

将来的には

ゲーマーも職業として定番になるのかも

しれませんね。

マツコ会議で潜入したeスポーツカフェの場所や、

天才小学生ゲーマーと、

美人ゲーマーについても

調べてみました!

eスポーツカフェとは?

eスポーツの認知拡大、プレイヤーやファン、

視聴者の増加に伴い、

日本国内でもeスポーツに関連した施設が

続々とオープンしています。

最近ではただ人が集まってゲームを楽しむ場

というだけでなく、

プロプレイヤーや著名なストリーマーを

間近にしながら、リアルに触れ合うことのできる

イベントスペースとしての機能を兼ね備えた

施設やカフェとして人気のスポットです。

eスポーツカフェの場所は?

https://shibuya-game.com/archives/16745

マツコ会議で潜入したeスポーツカフェは、

2018年4月15日にオープンした

LFS(ルフス) 池袋 esports Arena

です。

施設内にはゲームを行う上で重要な

高スペックPC『GALLERIA』が

100台完備!!

会場にはステージもあり、過去には

『PUBG JAPAN SERIES αリーグ Day6』や

『PUBG 東京 vs 上海 対抗戦』が行われるなど、

イベント利用も可能な施設だそうです。

大会を通じてeスポーツプレイヤーの

交流ができるようです。

公式サイト

Twitter

LFS(ルフス) 池袋 esports Arena

【住所】
東京都豊島区東池袋1-43-6
D-BOX 地下1階

【営業時間】
24時間 ※定休日は不定期

【料金】
PC席
3時間 1000円(税込)
7時間 2000円(税込)
※以後1時間ごとに350円

天才小学生ゲーマー「めろん君」とは?

予告で映っていた男の子が、

ツイッターでは、

「『めろん』君じゃない?」と

噂されていました。

調べたところ、

めろん君は、

日本で有名なゲーマー夫婦の百地夫妻が

立ち上げた「忍ism」に所属しています。

今回のマツコ会議では、

百地夫妻の奥様である、

百地裕子(チョコブランカ)さんも

出演されていました!

百地夫妻についてはこちら!

格闘ゲームの世界で日本を代表する プロゲーマー夫婦、百地夫妻。 近年「eスポーツ」が注目されてきており、 格闘ゲームの世界...

百地夫妻が立ち上げた忍ismの事業内容としては、

【各種イベントの企画制作・運営】 

格闘ゲーム大会など、
人と人のふれあいの場を設ける
イベントの企画・運営。

【ゲーム番組の配信・動画制作】 

ゲームの実況配信や実況動画制作、
新作ゲームなどのPV 制作。

【プロゲーマー及びゲーム実況者の
マネジメント・キャスティング 】

忍ism 若手育成企画をはじめとした、
プロゲーマーやゲーム実況者の
マネジメントやキャスティング。

を行っています。

めろん君は、忍ismで
ストリーマー部門に所属しています。

めろん君の実績としては、

プラトゥーン2で6月に
ガチホコ、ヤグラ、アサリ、エリアを
同時に1位。

スプラトゥーン甲子園四国地区大会準優勝
武器統一杯マニュコラ準優勝
第九回STPドラフト杯準優勝
SJOpenDay1.1位通過

という実績があります。

天才小学生ゲーマー「ほのかちゃん」とは?

https://www.negitaku.org/news/n-22955

もう一人、予告で映っていた可愛い女の子は

「ほのか」ちゃん。

現在小学校5年生で、

めろん君と同じく、

株式会社忍ismの花鳥風月☆星組という

女性のゲーミングチームに所属しています。

twitter:srhh0628

スプラトゥーン2の動画なども毎朝配信していて、
ガチホコ、エリア、アサリ全ての
「ウデマエ」がXなんだとか。

美女ゲーマーの「Tema(てま)」とは?

Twitterより出典

名前 :Tema(てま)
身長 :161センチ
体重 : 体重 41キロ
出身地 :東京都
趣味 : ゲーム、料理、半身浴好きな食べ物  :チョコレートパフェ
嫌いな食べ物  :ありません!好きなキャラクター  :アルル・ナジャ
好きなぷよの積み方  :GTR、L字
好きなプレイヤー  :くまちょむ、Kamestryその他の得意なゲーム
Dance Dance revolution:
足鳳凰(888 Challenge スコア680k)
Splatoon:ランクS事務所:スターダストグループ SDM所属

スポンサーリンク

芸能事務所スターダストグループ、

株式会社SDM所属で、

日本初の女性パズルプロゲーマーであり、

史上初のJesuプロライセンス取得女性

プロゲーマー。

PS4版『ぷよぷよテトリス』を

主な対戦環境にしています。

マツコさんがぷよぷよで対戦して、

圧倒的に負けたのはこの方ですね。

5歳の頃に母から買ってもらった

スーパーファミコンの初代

『す~ぱ~ぷよぷよ』が最初に遊んだ

ゲームなのだそうです。

中学生のとき、階段4連鎖を覚え、

この頃、初めて大会に出てすぐに負けたことが

悔しくて、

2回目に行くときには階段5連鎖を

覚えていったのだとか(笑)

ひたすら「とことんぷよぷよ」モードで

練習して、そこから強くなっていったそうです。

色んな大会に参加するうちに、

(『ぷよぷよ』に対して)
「自分にできることは何だろう?」

と考えるようになり、

『ぷよぷよ』を正式な形で応援したいという

思いからプロへ。

日本ではまだマイナーなeスポーツですが、

アメリカでは、

ボクシングの大会もやるような、

ラスベガスの最高級ホテルのアリーナで行われ、

ネット配信で視聴できるのに、

決勝の空気を感じたくて入場料60~118ドルを

払ってまでも多くの人が押し寄せるのだそう。

Temaさんは、日本でもeスポーツが

発展するようにと活動されています。

近場の目標としては、

プレイを見て『ぷよぷよ』を始めました!

という人が1人でも多く出てほしいと

語っております。

また、数少ない

女性プレイヤーが男性プレイヤーを負かす

というところに面白さがあるので、

それを意識しつつ、魅せるプレイも心掛けているようです。

美女ゲーマーの「たぬかな」とは?

https://shibuya-game.com/archives/18049/2

1992年11月21日生まれの26歳。

父がゲーマーだったため

小さい頃からゲームが好きだったそうです。

CYCLOPS athlete gaming所属の、

日本人3人目のレッドブルアスリート

でもある女性プロゲーマー。

高校時代から鉄拳をプレイし、

使用キャラはテクニカルなコントロール

が必要な『シャオ・ユウ』。

海外での人気も高く、たぬかなさんと一緒に

撮影することを目当てに長蛇の列ができるのだとか!

Twitter

美女ゲーマー「伊藤 千凪海 (いとう ちなみ)」とは?

https://shibuya-game.com/archives/18049

アカウントネーム:CHINAMI
名前  :伊藤 千凪海 (いとう ちなみ)
生年月日:1993年12月3日
出身地 :東京都
大学  :日本体育大学
趣味  :海外サッカー観戦
特技  :水泳。U-18の水泳日本代表選手に選出された経歴を持つ。

伊藤 千凪海さんは、

本田翼、北川景子、ももいろクローバーZ

などが所属する芸能事務所

スターダストプロモーション所属で

キャスターのお仕事もされています。

そのスターダストプロモーションが手がける

eスポーツプレイヤー育成企画『スタダGG』に

参加したことをきっかけに

ゲーマーの仲間入りを果たしたそうです。

「私はずっと水泳(U-18日本代表!)を
やっていて。

初めにeスポーツって聞いたときは、
スポーツじゃなくてゲームでしょって
思ったんですが、

技術を習得する作業や、
作戦を立てて試合に臨むところ、
仲間と声を掛け合うところは
まさにスポーツでした!」

お仕事としては、
ゲームの実況なども担当されているようです。

引用:https://kyotore.jp/information/jungle-gym/11083/

スタダGG

対戦型ゲームで国内最強プロチーム「SCARZ」

http://www.scarz.net/sz/5594

その他マツコ会議では、

「CS:GO」という対戦型ゲームで

国内無敵を誇るプロチーム

「SCARZ(スカーズ)」が登場。

チームのメンバーは一軒家でゲームの

練習をしながら共同生活を行っている

というから驚きですね!

SCARZの名前は「傷」が由来で、

「人々の心に跡を残し続ける存在」の意味

だそうです。

SCARZ HP

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする