五十嵐美樹は東大出身の科学者で高校や経歴は?職場や年収と科学教室は?

スポンサーリンク

五十嵐美樹さんは東大大学院に在学中の

リケジョで、

今現在は、ワオ・エージェンシーという

事務所に理系タレントとしても所属されています。

TBS『有田哲平の夢なら醒めないで』の

「頭が良すぎて生きづらい!東大女子SP」

に出演されますが、

五十嵐美樹さんの頭が良すぎて生きづらいこと

とは何でしょうね!

理系という言葉からは、

とっつきにくいオタクタイプであるだとか、

理系の女子はちょっと…とか、

イメージはいろいろ偏っているのかもしれません。

実際文:理の比率は7:3らしいですから

完全な少数派でもあります。

理系しかも女子となると、

「頭はいいのだろうけど…」と

思われることもあるかもしれませんが、

昨今、理系女子という言葉が世に出始め、

イメージもだんだん変わってきていませんか?

小保方さんから始まった理系女子には

当然可愛らしい女性がたくさんいます。

頭も性格もいいそれでいて美しい

五十嵐美樹さんを紹介したいと思います。

五十嵐美樹の年齢や高校などのプロフィールは?

Twitterより出典

氏名  :五十嵐美樹(いがらしみき)
生年月日:1992年3月19日(26歳)
身長  :165cm
血液型 :A型
出身地 :東京都
高校   :三輪田学園高等学校
大学      :上智大学理工学部
大学院   :東京大学大学院学際情報学府修士課程在学中
所属      :ワオ・エージェンシー

東京都出身の五十嵐美樹さんは

千代田区にある中高一貫校である

三輪田学園に入学します。

明治20年設立の女学校が前身とのことなので

古くからある学校ですね。

この学校から上智大学に進むわけですが

理工学部は偏差値60前後ですからやはり

優秀な学生ですね。

幼いころに虹の実験を見て感動したのが

科学に興味を持つきっかけとのことです。

その後中高、大学を経て

サイエンスショーをやるまでになります。

五十嵐美樹の経歴は?

上智大学在学中に

ミス理系コンテスト2013 で

グランプリを受賞!

その後は全校各地でサイエンスショーや

科学実験教室などを開催するようになり、

メディア出演では、

科学実験の監修などをテレビ番組で行っています。

ショーやメディアを通して

科学の面白さを世に伝えています。

大学3年生の頃、向きあってきた勉強や研究

が社会に対して与えられる価値を知りたくて、

環境省と東芝のインターンシップに訪問。

機械が人間の生活をより豊かに出来ることを実感し、

当時「テスト用」だと思っていた

物理や数学の知識が

「社会問題への武器」であることを

認識したという五十嵐美樹さんは、

そのなかでも特に、技術を正しく

お客様のもとにお届けする

セールスエンジニアという職種に興味をもち、

東芝に入社。

技術を次世代に伝えていきたいという

純粋な想いから実験教室を開催し始め、

自分自身で「みきらぼ実験教室」を

実施されています。

その後、

東京大学発の画像解析技術を柱とする

ベンチャー企業のエルピクセル株式会社からの誘いで、

今後教育事業を担っていく、

広報寄りの理系女子として、

エルピクセル株式会入社。

経営企画本部の広報マネージャーとして、

2015年10月から、2017年12月までの

2年 3ヶ月在籍されています。

また2018年からは東京大学大学院に進み、

科学者の道を邁進しており、

ここでは科学コミニュケーションを専攻しています。

一般人には馴染みのない

科学コミニュケーションという言葉ですが、

これは科学技術に対して理解増進のみならず

幅広いコミュニケーション活動を行うことであり、

科学を市民に伝えること。

科学者自体が社会リテラシーを高めること。

科学と社会の望ましい関係を考えること。

が科学コミニュケーションの機能だということです。

市民に科学に対する興味を持ってもらうことが

必要なわけですから五十嵐美樹さんの活動は

まさに科学コミニュケーションに載った

活動といえますね。

東大大学院という国内最高峰の場にいることで

理系女子としての活躍もこれからさらに増えそうです。

五十嵐美樹の今現在の所属や科学教室は?

五十嵐美樹さんは現在、

ワオ・エージェンシーという芸能事務所に所属しています。

このワオ・エージェンシーは

東京と大阪に事務所を構える芸能事務所です。

ワオ・エージェンシーには

理系タレントが数名所属しており

スポンサーリンク

五十嵐美樹さんも

その中の一人となります。

理系タレントでありながら、

東大大学院にも所属している本当に

科学が好きな女性だと思います。

ワオ・エージェンシーのwebページを見てみると

YouTubeへの動画の投稿が多いことに気づきます。

ミキラボというチャンネルを見ると

五十嵐美樹さんが色々な実験を行っていて

楽しく科学を学べる内容となっています。

ダンスも得意であるため動画内で

上手なダンスを披露しながら実験を行ったり、

メントスコーラをやってみたり

動画の感想としてはまず楽しそう。

という感想を抱くような内容となっているので

老若男女問わず楽しめる実験動画となっています。

でんじろうさんが可愛い女の子になって

実験しているイメージです。

こんな素敵な先生に習っていれば

もっと科学に興味が持てたのにと思う

おじさんはたくさんいるはずです。

NHKEテレの天才てれびくんYOUに

出演するなど子供向け、大人向け問わず

市民に科学の魅力を伝える活動を行なっています。

大人向けの企画では

ブラックライトで光るお酒の作り方

などを教えてくれます。

じつはビタミンB2の構造が

ブラックライトの紫外線を吸収して

そのエネルギーが可視光として排出されるため光りだす。

という仕組みらしいです。

これによりビタミンB2を含む飲み物は

アルコールの有無に関わらず

ブラックライトの中で光ることとなります。

ビタミンB2を多く含むエナジードリンク

を使ってお酒を作ると光るお酒になるのですが

このエナジードリンクと

お酒の組み合わせも、

悪酔いする組み合わせらしく、、

五十嵐美樹さんはビタミンB2ではなく

キニーネという光る物質とよく似た

トニックウォーターに目をつけ、

トニックウォーターとウイスキーを使った

ハイボールを提案していました。

大人が楽しめるように

お酒で科学を提案するあたりが

科学コミニュケーションですね。

今後も踊るサイエンスショーを

続けてほしいと思っています。

テレビ番組の出演も増えてきており

バラエティやクイズ番組の出演もあるようです。

なんといっても、東大大学院ですからね。

クイズ番組にはもってこいのタレントさんです。

タレント活動とは別に

理系女子キャリアイベントの講師という

仕事も行なっています。

理系女子未来創造プロジェクトの理事も務めています。

男性がほとんどの世界でありながら、

そこで活躍する理系女子の地位向上を図り応援している。

といったところでしょうか。

タレント活動で科学の裾野を広げて

理系女子を応援する、理系女子。

という側面のほか、

科学のために精力的活動をしていると言えます。

今後も科学をもっとわかりやすく

楽しく伝えていくことで

理系の人気も上がっていくと思われます。

今の活動を継続してほしい五十嵐美樹さんです。

五十嵐美樹さんの科学実験教室の日程は、

Twitterやブログなどでも

告知されていますので、

興味のある方は、チェックされてみてください^^

五十嵐美樹さんブログ

五十嵐美樹さんTwitter

五十嵐美樹の年収は?

五十嵐美樹さんの年収ですが、

参考までですが上智大学出身の

平均年収は492万円となっていました。

私大ランキングで5位であり、

1位は慶応義塾大学589万円

2位が早稲田大学548万円となっていました。

日本人の平均年収が440万円と言われている

中ですから決して悪くはないと思われます。

五十嵐美樹さんは現在のところ、

大学院生ですので、

収入はメディア出演などからかと

思われます。

ちなみに就職をされた場合の科学者の年収は、

一部の大手企業の年収は、

一般の会社員の平均年収よりもずっと高く、

経験を積んで昇進すれば、

年収1000万円に届くこともあるようです。

その一方で、

年収400万円~500万円ほどで長く働いている

若手の科学者もいるとのこと。

五十嵐美樹さんにとっては、

金銭よりも科学の面白さを

市民の皆さんに伝える使命感のほうが

強いので、

それほどこだわりは無さそうです。

このまま科学の魅力を市民に伝えたり

同じ理系女子のための活動を通して

科学をもとに技術大国としてのプライドを

日本が取り戻すことを期待しています。

理系、科学といったなかなか馴染めない言葉が

もっと身近に感じるようになる頃には

五十嵐美樹さんの年収は

とんでもないことになりそうですよね。

科学者の年収はよくわかりませんが、

大きな賞などを取らなくても

高い年収が得られればもっと科学への興味も

高まっていくと思います。

子供の将来の夢の上位に科学者が入ると

五十嵐美樹さんも嬉しいと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

これまであまり馴染みのなかった

理系と女子の組み合わせである

理系女子という言葉が

よく聞かれるようになった昨今です。

学問に男女差はないのに

理系女子という言葉があるのも

少しさみしい気はしますが、

それだけ過去より理系を学ぶ女子が

増えたということではないでしょうか。

資源のない日本国内で誇れるものは技術です。

その技術をより高めるためにも

理系女子が五十嵐美樹さんの活躍で、

もっともっと増えることを期待しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする