ティロ・フェヒナーが中谷美紀と結婚で夫に!経歴やビオラ奏者の年収や馴れ初めは?

スポンサーリンク

中谷美紀さんが、ドイツ人

ビオラ奏者のティロ・フェヒナーさんとの

結婚を発表されました!

中谷美紀さんは、語学が堪能で、

コミュニケーションには全く問題ないとのこと!

美人で頭もよくて、クラシック音楽の素養もあり、

と超完璧な中谷美紀さんを射止めた

ティロ・フェフナーさんって

どんな人なのでしょうね!

中谷美紀さんと、ティロ・フェフナーさん、

お二人の馴れ初めや、経歴などについて、

また、

ティロ・フェフナーさんのビオラ奏者としての

年収についても調べてみました!

中谷美紀の年齢や元カレなどについて

本名   中谷 美紀
生年月日 1976年1月12日
出生地  東京都
身長    160cm
血液型  A型

活動内容
1991年:歌手デビュー
1993年:女優デビュー
事務所 ジーアールプロモーション

中谷美紀さんは、渡部篤郎さんと

15年近くも交際していましたが、

3年前に破局。

渡部さんは破局してすぐにほかの女性と

再婚したのですが、そのお相手は、

30代のクラブホステスとの噂で、

世間からは、中谷美紀が可愛そうと

言われていました。

中谷美紀さんはもともと

渡部篤郎さんがRIKACOさんと

結婚しているときからの付き合いだったので

不倫をした末、捨てられた格好になったようですね。

それ以降、

中谷美紀さんに浮いた話はありませんでした。

中谷美紀さんは過去の雑誌のインタビューで、

自身の結婚観について、

実は私自身も結婚にはこだわっていません。

幸せのカタチは人それぞれだと思っています。

と語っておられます。

こだわっていなかった中谷美紀さんですが、

今回結婚を決めたということで、

素敵な男性なのでしょうね!

ティロ・フェフナーの経歴は?

名前 :ティロ・フェヒナー
生年 :1968年
年齢 :50歳
出身 :ドイツ・ベルリン
大学 :ベルリン芸術大学
ニューヨーク・ジュリアード音楽院

フェヒナー氏は音楽一家のもとに育ち、

ベルリン芸術大学、

ニューヨークのジュリアード音楽院で

学んだ超エリートだそうです。

ニューヨークのジュリアード音楽院といえば、

日本人でハーバード大学主席卒業した、

広津留すみれさんが有名ですね!

廣津留すみれさんは、高校は公立校で塾には通わず、 ハーバード大学に入学して主席で卒業! 母親の廣津留真理さんは翻訳家であり、...

大学在学中から

多くのオーケストラで経験を積み、

1996年
ジュネーブのスイス・ロマンド管弦楽団、

1997年
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団入団。

2004年
ウィーン国立歌劇場管弦楽団の楽団員に。

2005年
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に加わっています。

スポンサーリンク

ウィーン国立歌劇場管弦楽団は、

ウィーン国立歌劇場の専属オーケストラで、

ヨーロッパの著名オペラオーケストラだそうです。

ウィーン国立歌劇場管弦楽団は、

世界でも一、二の人気を争う人気オーケストラの、

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の

母体ということですね。

イギリスの「グラモフォン」誌や

日本「レコード芸術」誌の

オーケストラ・ランキングでは

常に3位以上を維持しているとのこと。

ですので、ティロ・フェフナー氏は、

ビオラ奏者として、超一流なのでしょうね!

そんなティロ・フェフナー氏は、

ウィーンフィルの日本ツアーのため、

2018年11月24日まで日本公演を行ったばかりで、

12月14日からは、

ウィーンフィルとベルリンフィルの

精鋭たちによる管弦楽アンサンブル

「ザ・フィルハーモニクス」として

来日公演が予定されており、

12月15日に埼玉・熊谷文化創造館

12月16日に神奈川・大和市文化創造拠点で

来日公演を行う予定です。

ティロ・フェフナーのビオラ奏者としての年収は?

日本の楽団員の生活が楽でないのは定評があり、

アルバイトをしている人も多いのだとか。

日本音楽家ユニオン2003年調査によれば、

最高額はN響の年額1000万円(45.3歳)、

続いて読売日響767万円(43.6歳)、

都響733万円(45.5歳)と御三家がトップに並び、

平均的には400万~500万円台のようです。

では、世界的に有名な、

ウィーンフィルの楽団員はどうなのでしょうか?

世のほとんどのオーケストラは、

自治体あるいは企業の財政的な保護の下で

運営されていますが、

ウィーンフィルはそうではありません。

そもそもウィーンフィルは、

国立歌劇場管弦楽団の給料が少なすぎて

それだけでは一流音楽家として経済的に

成り立たないという側面から、

何らかの副業をせざるを得ないため、

皆で協力し合ってウィーンフィルという

副業を維持しているという事情があります。

ベルリンフィルの団員の平均年収が400万円とも

いわれていますので、

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に

所属するティロ・フェフナー氏も、

そのくらいかもしれませんね。

中谷美紀とティロ・フェフィナーの馴れ初めは?

日本とドイツという、

国境を越えた出会いのきっかけはというと、

フェヒナーさんが2016年10月に

『サントリーホール』で行われた

小沢征爾さんが指揮を務めるコンサートで来日。

そのときに知人を介して知り合い、

クラシック好きの中谷が知人を通じて接近。

一目惚れした中谷美紀さんが、英語で交際を持ち掛けて、

交際に発展しました。

2016年11月に『女性セブン』で、

ティロ・フェヒナーさんとの交際が報道され、

一部のスポーツ紙が中谷さんの事務所に

事実関係を確認したところ、

恋人であることを認めていたんですね。

交際が報道された後も、

ふたりは順調に交際をかさね、

中谷さんは仕事の合間を縫って、

たびたび彼に会いに行っていたとのこと。

一緒にハイキングに行ったり、

スーパーで買い物をしたりと、

人目を気にせずにふたりだけの時間を

楽しんでいたようです。

昨年の秋ごろからは、

中谷さんが借りているオーストリアの家で

一緒に過ごすようになったそうですね。

中谷美紀さんの最近は、

生活拠点をオーストリアに移しつつあり、

今年の4月~6月に放送されたドラマ

『あなたには帰る家がある』(TBS系)の

撮影が終わってからは、

ずっとオーストリアで生活しているとのことで、

結婚後はオーストラリアで暮らすのでしょう。

ただ一つ気になることが・・・・。

「実は、フェヒナー氏には女性のパートナーが
いるという話なんです。それだけではありません。
何と『5股している』という噂まで飛び交っている。

まあ、どこまで本当かわかりませんが、
あのルックスと肩書ならあり得ない話ではない。
年齢的にも子供がいてもおかしくありませんし。

もちろん、中谷さんは彼のプライベートも
よくわかっているとは思いますが、
ちょっとひっかかりますね」(芸能プロ関係者)
出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/638154/

本当にどこまで本当なのか?

というところですが、

50歳と言う年齢からも、結婚・離婚歴があっても

不思議ではないですし、

世界中を飛び回っているので、

ありえない話でもないでしょう。

でも中谷美紀さんは、もしそうだったとしても

許容する懐の深さもありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする