相田康次はパリの和食料理人でいいとも青年隊の経歴も!お店の評判や若い頃は?

スポンサーリンク

相田康次(あいだこうじ)さんは、

和食料理のお店「あい田」のオーナーで、

ミシュラン料理人として一つ星を

獲得されています。

11月30日のアナザースカイでは、

中山秀征さんがパリを訪れ、

相田康次さんと感動の再開を果たし、

絶品料理に隠された30年越しの秘話を語ります。

お二人には意外な過去があるようですが、

放送が楽しみですね。

今回は中山秀征さんがパリで再会した、

ミシュラン料理人の

相田康次さんのお店や経歴などについて

調べてみました。

相田康次さんの年齢や出身などのプロフィールは?

相田康次

https://gqjapan.jp/life/food-restaurant/20120307/koji-aida

名前:相田康次(あいだこうじ)
生年:1968年
年齢:50歳
出身:新潟県生まれ
職業:「あい田」オーナーシェフ和食料理人

相田康次さんの経歴は?情熱大陸にも出演!

1968年、新潟県で生まれた相田康次さんは、

高校卒業後、

タレントの神田利則さんとともに、

4代目いいとも青年隊「半熟隊」として、

1985年3月31日に初出演し、

1987年10月2日まで担当タレント活動をされていました。

右から二番目の後方にいるのが、

相田康次さんですね^^

http://ais005.cocolog-nifty.com/hakkutsu/2017/07/1987713-a69e.html

その後割烹店で修業を積み、

1997年にフランスにわたります。

ワインの輸出業に携わった後、

2005年、

フランスのパリに和食店「あい田」を開店。

2007年には

フランスで注目の日本人シェフとして、

人間密着ドキュメンタリー番組

「情熱大陸」にも出演されています。

番組では、

パリで奮闘する相田康次さんの日々に、

2ヶ月にわたり密着した内容が放送されています。

パリでいまもっとも注目を集める
料理人の一人である。

彼の成功の秘密は、フランス最高の食材を
惜しげもなく使い、

その魅力を和食の技法でぞんぶんに
引き出すことにある。

目指すはフランスでしかできない新しい日本料理だ。

相田は毎夜、料理をつくる夢をみるという。
夢の中でつくりあげた料理を口に運ぶその瞬間、
ハッと目が覚める。

そのまま台所に起き上がり夢でみた料理を
つくり味見する…。

世界の料理を食べつくしている
フランス人美食家たちを満足させるため、
夜も眠らず新しいレシピーを試行錯誤する。

https://www.mbs.jp/jounetsu-old/2007/02_25.shtml

夢の中でレシピが浮かんでくるってスゴイですね^^

そのような努力が実り、

2008年には、レストラン格付けガイド

「ミシュランガイド」08年フランス版で

フランス国内の日本食レストランとして

初めてミシュラン日本食1ツ星を獲得されています。

相田康次さんがフランスでシェフとして、

お客様をおもてなしするということを、

大事にされているそうです。

「お客様は食べに来るだけでなく、
時間を買いに来るのです。

最近は目新しい食材を取り入れ、
料理だけに焦点を当て過ぎる傾向があります。

スポンサーリンク

私はここでしか味わえない、
おもてなしを心がけています」

あい田では、お客様との会話を大事にし、

その雰囲気から、味を変化させていくのだといいます。

まさにプロですね!

お客様との駆け引きを一番の楽しみとして、

一期一会の空間を大切にされておられます。

相田康次さんのお店は?

パリの閑静な住宅街に隠れ家のように佇み、

客席数20あまりの小さな和食店の「あい田」

http://www.ntv.co.jp/anothersky/contents/2011/10/post-1004.html

20人も入れば満席になる

鉄板・会席料理の割烹店では、

あい田コース ・・・・・・ 160€
おまかせコース・・・・・・ 280€

メニューとしては、

客の前で調理する鉄板焼きと、

最高の食材を生かした和食。

フランスなので、

メニューは一部しかわかりませんでしたが、

このようなメニューがありました。

【温度卵、しいたけの葛餡、生ウニとトリュフのせ】

https://gqjapan.jp/life/food-restaurant/20120307/koji-aida

「波が強く打ちつける岩場で、

潮風に打たれながら、トリュフをいただくイメージ」

で作った一品。だそうです。

ものすごく想像力が豊というか、

やはり一流の方ははるか上をいく発想ですね。

温度卵、しいたけの葛餡、生ウニ、トリュフが

グラスに入っていて、

海と山の贅沢がつまった一品ですね。

あい田
所在地/1,rue Pierre Leroux 75007 Paris
電話番号/+33 (0) 1 43 06 14 18
時間/火曜 ~ 日曜 19時 – 24時※月曜定休日
価格/コース1人 160ユーロ~
HP  http://aida-paris.net/

相田康次さんのお店の評判は?

いつも満席のレストラン「相田」。

今やフランス人客が7割を占めるまでに

なっています。

和食鉄板焼きは、フランスの素材と

日本の素材を絶妙にミックスした料理で、

鉄板焼き料理でも最高の味なのだとか。

目の前で調理される一品、一品が

とても新鮮だと評判です。

日本料理店として初めて1ツ星をとった

相田康次さんは、

次世代のレベルを引き上げたといわれています。

その影響で、

日本人の几帳面さ、手先の器用さ、

繊細な美意識、技術や日本食材が、

フランス料理に大きな影響を与え、

人気レストランには必ず日本人の姿が多くみられ、

近年、自分の店を開く日本人シェフも

増えてきました。

開店2年にして日本人として初の2ツ星に輝いた

有名シェフの佐藤伸一さんは、

自分の店を開くまでの4年間、相田康次さんの

自宅に居候していたという話もあり、

相田康次さんがフランスにおける日本人シェフの

実力をあげてた立役者でしょう。

相田康次は結婚してる?

時期は不明ですが、相田康次さんは、

ご結婚されております。

控えめなスラリとした美人の素敵な奥様だそうですよ。

相田康次さんも元いいとも青年隊で、

整ったお顔だちなので、

お似合いなのでしょうね^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする