荻野公介とmiwaのツーショット画像!出会いやNHK番組で語る幸せとは?

スポンサーリンク

リオ五輪金メダリスト萩野公介選手と、
人気歌手のmiwaさんの交際が発覚しました!

miwaさんがナビゲーターを務めるNHKの番組で
幸せについて語ったとのこと。

アスリート、アーティストとして切磋琢磨する
爽やかな2人は何だか応援したくなりますね!

競泳のライバル、瀬戸選手早々に結婚していますが、
荻野選手も続いて結婚されるのでしょうか?

荻野公介選手とmiwaの馴れ初めは?

萩野公介選手とmiwaの出会いは、
2016年10月。

リオ五輪で金・銀・銅を獲得した2カ月後に
NHKの収録現場でであったようです。

萩野公介選手がインスタグラムで

「miwaさんと昨日NHKでお会いしました!
miwaさんは合唱コンクール。
緊張しすぎて、何も話せなかった、、、」

とつづり、
仕事場で撮影したツーショット写真を掲載しています。

View this post on Instagram

miwaさんと昨日NHKでお会いしました!miwaさんは合唱コンクール。 緊張しすぎて、何も話せなかった、、、 #miwa

Kosuke Haginoさん(@kosuke.hagino)がシェアした投稿 –

荻野公介選手、
もともとmiwaさんのファンだった
ということもあって、めっちゃ緊張されてますね。

でも今では彼女さんです!

今となっては
癒しの存在なのでしょうね^^

荻野公介選手とmiwaが語った二人の幸せとは?

2人は2016年末に収録した
NHK Eテレ「オン・マイ・ウェイ」
(2017年3月放送)で再会して意気投合。

miwaがナビゲーターを務める同番組に
萩野公介選手が対談相手で出演し、
「幸せ」について語り合ったそうです。

その内容は、

miwa
「どんなときに“幸せ”を感じますか?」

萩野
「水泳をすごく好きだなぁと思う瞬間って、
そうないんですよ。練習はほんとにしんどいし。

だけど、試合でいいタイムが出ると、
その結果でぼく以上に喜んでくれる
人がたくさんいる。

そういう人を見ていると、
がんばってよかったなって思う」

miwa
「ご両親も応援してくれて、
喜んでくれますか」

萩野
「そうですね。ぼく以上に本気(笑)。
自分以上に人が喜んでるときってないですか。
自分がいちばん喜んでるときって
あんまりないと思うんですよね」。

miwa
「そうですね、確かに。
(2016年の)紅白歌合戦のときが
ほんとにそうだなって思って。

もちろんわたしもあこがれの舞台だし、
小さいときから毎年、
祖母とか両親とか、
家族で見てた番組であこがれてたけど、

自分以上に親戚とか祖母とか両親が
すごく喜んでくれて、
『今年も楽しみだね』って言ってくれるって、

すごくうれしいなぁ、幸せだなぁって」

リオ・オリンピックの前年、
萩野さんは右ひじを骨折してしまいました。

どうにもならないピンチの中で、
萩野さんはある“幸せ”に気づいたといいます。

萩野
「右ひじを骨折してギプスで固定して、
そうなるとまず一人でお風呂に入れなくなったんです。

背中をあらいたくても左手だけじゃ
左側しかあらえない。

スポンサーリンク

家に帰ったときは父親に、
「お父さん、背中あらって」と、

22歳(さい)にもなって背中を
ごしごししてもらうということをやっていると、
ほんとにぼく一人じゃ全然生きていけないなと思って…。

ご飯を食べるときも左手で
はしを持つのもすごく大変だし」。

miwa
「当たり前になっていたことの
“ありがたみ”にあらためてめて気づいて…」

萩野
「そういった人たちがいるから、
次に進めたり、前に進むことができたり
すると思うので、

それは幸せに思わなくちゃいけないなと感じています」。

『どうしたら“幸せ”になれますか?』
という質問に対しては、

miwa
「たとえば、いつか武道館でライブを
やるというのが目標だったんですけど、
それを大学卒業のタイミングでできた。

いざそれをかなえたときに、
かなった日だけが幸せじゃないんだと
気づいたんです。

ずっとそこを追い求めてやってきたけど、
いざかなえてみるとまた新しい目標が見つかる。

かなった日だけが幸せじゃないのなら、
幸せを未来に設定するのをやめようと思ったんですよね」。

萩野
「ぼくも、金メダルを目標にしてきたけど、
それがゴールじゃない。
もっとすごい選手になりたいと思った。
今の話もなるほどなぁ、その通りだなぁと思いました」。

『ロールケーキが人生だとすると?』

と言う質問では・・・。

miwa
「すごく長いロールケーキがあったとして、
断面を切ったとき全部にクリームとか
イチゴが入っててほしいじゃないですか。

そのロールケーキが人生だとすると、
どこを切ってもイチゴが入っててほしい。
最後だけイチゴが入ってても、
ずっと苦しいじゃないですか」。

萩野
「最後までたどりつけないと思います。
次もイチゴがないんだったらもうやめようって」。

miwa
「今までのわたしは、
ずっと先のほうにイチゴを用意して歩いてた。

イチゴをいつかゲットできるから
幸せになれると思って。

そうじゃなくて、
小さくてもいいから常にイチゴを
ならべておいてあげよう。

それを見つけてあげるということなのかなと思う」。

萩野
「だから、幸せはあるっていうことですよね、
ぼくたちのまわりに」。

miwa
「そう! 実は気づいてなくて」。

萩野
「実は気づいてないだけで、小さいイチゴをふんで歩いてる」。

miwa
「それに気づくためにやっていることってありますか?」。

萩野
「必ず毎日、小さな目標を作る。たとえば、
50mを何秒で泳ぎたいと思って
それをクリアしたら、
ぼくにとってはものすごく大きな幸せ。

だけど、
その小さな目標を高いところに置いてしまうと、
今日もだめだったなぁと気持ちが暗くなってしまう。

だからどんな日でも、
今日は外に映画観にいこうとか、
絶対に達成できる小さな目標を作って
一日を終えるということをしています」。

miwa
「わたしもそう思えるようになって、
より幸せになったというか、
今という瞬間をすごく楽しく生きられる
ようになったと思います」。

萩野
「幸せって、人それぞれにあると思うので、
“幸せって絶対これ”っていうものはないと思う。

自分で小さな幸せを作り出していく
ということも可能なのかなと思いますね」。

終わり

小さな幸せを積み重ねることが、
大きな夢の実現につながっていく・・・・

そして、

miwaさんも萩野さんも、
だれかの喜びが、自分の幸せになっているということを
認識し合っていますね。

幸せをテーマに対談したことで、
お互いの将来の方向性を感じあえたのでしょうか?

お二人の対談動画はこちら!

NHK Eテレ「オン・マイ・ウェイ」

荻野公介選手とmiwaはいつから交際?

競泳選手、
シンガー・ソングライターと

互いに生きる世界は違えど、
試合や紅白で“結果”を出して

周囲が喜んでくれる時に幸せを感じるなど
価値観も合ったのでしょうね。

NHKの番組共演後、ほどなくして
友人としてグループで食事へ出かける仲になったそうです。

忙しい中でも楽しい時間を共有し、
互いに自分の道を追求する真摯な姿に惹かれ合い、
約1年前から真剣交際に発展したそうです。

世間の反応は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする