池野隆光 (ウェルシア会長)の経歴や大学と年収は?売上げや経営方針は?

スポンサーリンク

カンブリア宮殿に池野隆光(いけの たかみつ)会長が出演し、
ドラッグストア・ウエルシアの戦略について
語られていました!

「コンビ二の便利サービス」と「スーパーの激安価格」
を導入し、ドラッグストア業界で売上トップを獲得した
ウエルシア会長の池野隆光氏。

どんな経営方針で、売上を伸ばしていったのでしょうか?

池野隆光会長の経歴や大学などと一緒に
調べてみました!

池野隆光会長の出身や年齢などのプロフィールは?

池野隆光

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/070800005/071600005/

名前:池野隆光(いけの たかみつ)
生年:1943年
年齢:74歳
出身:広島県
高校:広島県立御調高等学校
大学:大阪経済大学経済学部卒業

池野隆光氏は広島県の御調(みつぎ)高等学校
卒業されています。

大きな会社の会長にまでなった方なので、
進学校なのかと思いましたが、
偏差値は40程で、ほとんどは卒業後に就職されるようです。

小学校高校~までずっと一緒に通学されていた
という口コミもあり、
広島県の中でもアットホームな雰囲気の高校なのでしょう。

ただ、60年程前は校風は違うかもしれませんね^^

卒業後は大阪経済大学に進学。
多くは就職する中で、大学進学されているので、
学業は優秀だったのではないでしょうか?

高学歴だから優秀な経営者になるとは
限らないですし、

大学に行かなくっても大成功されている
社長は世の中にいますから、

学歴は経営能力とは完全に比例
しないのでしょうね~。

池野隆光社長の経歴は?

大阪経済大学卒業後、

1965年 全薬工業株式会社入社

1971年 池野ドラッグ開設

2002年 合併により、
株)グリーンクロス・コア(現ウエルシア薬局)
となり、取締役副社長商品本部長に就任

2004年 (株)グリーンクロス・コアの
取締役副社長営業本部長

2008年 ウエルシアH.D(株)
取締役グループ総務本部長

2009年 寺島薬局代表取締役社長

2010年 ウエルシア関東代表取締役社長

2013年 ウエルシアH.D(株)代表取締役会長

2014年 ウエルシア介護サービス(株)
代表取締役会長

イオンの子会社になる

2015年 タキヤ株式会社取締役

2018年 現在
ウエルシアH.D(株)代表取締役会長

新入社員として会社に入社されてから、
僅か6年程で会社を立ち上げたんですね!

それから
(株)グリーンクロス・コア(現ウエルシア薬局)と
合併するまでの間、会社を存続されていたので、

かなりの経営手腕をもった
若社長だったのかもしれません。

その後もトントン拍子に出世され、
現在は
ウエルシアホールディングス株式会社会長
勤めていらっしゃいます。

池野隆光会長の経営方針は?

「コンビ二の便利サービス」と
「スーパーの激安価格」を導入したという
池野隆光会長。

さらに、

医療や介護に事業の軸足を置き、
高齢者を取り込むのが
ウエルシアの特徴です。

今や4人に1人が高齢者の時代で、
20年後は3人に1人になると予想されており、

高齢者の医療費が膨張するなか、
自分で健康を管理する「セルフメディケーション」を
国も後押ししています。

池野隆光会長はどのような思いで会社を経営されているのでしょうか。

池野隆光社長は、

ウエルシアの経営方針として、
を次のように語っています。

「ウチはコンビニじゃありません。

お客様にひと声おかけする接客を徹底して
『ウエルシアに行くと元気になる』と言われたいのです」

「病気の予防・治療と介護を軸にした“健康屋”なので、
薬剤師を中心に店を運営しています。

http://president.jp/articles/-/11702?page=2

27歳で埼玉県新座市に個人薬局である
「池野ドラッグ」を開いたのが池野隆光会長の出発点で、

当時主流だったディスカウント店を
研究したこともあったそうです。

しかし、池野隆光会長は、
「売れればいいというのはちょっと違う」
と思ってたとのこと。

スポンサーリンク

その時の想いは現在もあり、
「お客様に健康になってもらいたい」

その為に店舗に何を置くか、
来店するお客様の声を従業員がしっかりと
聞いて、薬剤師と共に検討されています。

確かに、地域に身近に相談できる
ドラッグストアがあると
助かりますね!

病院に行くまでもないけど、
スマホで調べた情報でいいのかな?
ちょっと専門的なアドバイスも欲しい・・・。

みたいなとき、ありませんか?

高齢者にとっては、特に
必要だと思います!

そして、

ウエルシアでは、高齢化がすすんだことで、
商圏を半径2kmにした店舗を増やしています。

それは、

高齢化が進んだことで、
ホームセンターやショッピングセンター車で
15分以上かけて出かけていくことを負担に思う
消費者が増えている一方で、

近くのコンビニでは生活に必要なものは
十分にはそろわない。

その中間あるニーズを、ウエルシアは担うようにしているから
なのだそうです。

さらに、お客様のニーズにこたえることで、
お薬だけではなく、
日用品を幅広くそろえていますね。

下着や介護用品を揃え、
わざわざ郊外に時間をかけて買いに行かなくても
良いように生活に必要なあらゆるものを
置いています。

実例として、

2年前に群馬県の下仁田にウエルシアを出店しました。
この地域は人口が8000人くらいですが、
周辺には生協のスーパーがあるぐらい。

お客さん同士がタクシーを相乗りして、
買い物にやってきます。

そのお客さんから、パンツやブラジャー、
ストーブや掃除機を置いてほしいという声が上がり、
品ぞろえを増やしています。

business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/070800005/071600005/

本当にこういう声が上がるんですね!
それほど高齢者にとっては郊外に出かけて
買い物をするのが大変なのですね・・。

小売業としては、
こうしたお客様・地域の商圏の変化に応じて
取り扱う商品を変えていかないと生き残れないと
思うのですが、

ウエルシアがこうした変化に機敏に対応できるのは、
本部主導のチェーン展開をしていないからなのだそうです。「

池野隆光会長は、

「本部の指示の6割が正しいと思え」

と現場に伝えているそうです。

つまり、4割は間違っているということですね!

現場の店舗にいる店長・薬剤師、等の従業員が、
自分たちの頭でしっかり考えて、
地域のニーズをとらえて行くように指導されているのですね!

池野隆光社長の売り上げは?

ウエルシアホールディングス株式会社は、
ドラッグストアチェーンの運営を行う企業の持株会社で、

子会社であるウエルシア薬局からの流れで
イオングループに属しています。

2016年度の売上高は
これまで首位だった
マツモトキヨシホールディングスを抜き、
ドラックストア業界首位となっています。

これは22年間ぶりの首位交代だったんですね。

マツモトキヨシもかなり強い企業ですが、

M&A(合併・買収)や地域の新規出店に積極的な
ウエルシアの経営戦略が上回る結果となったようです。

ちなみに2017年のドラッグストア大手5社の
売上は、

1 ウエルシアホールディングス
売上高(百万円)623,163
店舗数     1,5322 ツルハホールディングス
売上高(百万円)577,088
店舗数(店)  1,755

3 マツモトキヨシホールディングス
売上高(百万円)516,147
店舗数(店)  1,555

4 コスモス薬品
売上高(百万円)502,732
店舗数(店)  827

5 スギホールディングス
売上高(百万円)430,795
店舗数(店)  1,048

https://pcareer.m3.com/shokubanavi/feature_articles/11より出典

2年連続でドラッグストア業界ではトップに
なったのですね!

ちなみに、H30年2月の有価証券報告書によると、
売上は、695,268(百万円)円でしたので、
業績はまだまだ伸びていますね^^

医薬品に近いレベルの健康食品も
イオングループの子会社になってから、
PB(プライベートブランド)として開発されており、

好評のようです^^

池野隆光会長の年収は?

「医療・介護にこだわった唯一無二の会社」

としてここまで業績が伸びてきているので、

池野隆光会長の年収も高そうです。

有価証券報告書によると、

役員報酬は、約3億円でした。

ウエルシアホールディングスの
役員は7名いますので、

単純に分けたとして、
\4280万円になります。

さらに従業員数は7000人以上で、

従業員数が1000人以上の会社の社長の報酬は

平均で5500万円程といわれています。

ですので、
池野隆光会長は、あくまで予想ですが、
5500万円程の報酬があるのではないでしょうか?

まとめ

ひと昔前は、
コンビニにお薬はありませんでしたし、

ドラッグストアには食品はありませんでしたね。

時代のニーズに合わせた業務展開をされている
池野隆光会長。

医薬品に近いレベルの健康食品も
PB(プライベートブランド)として開発され、

ますます事業が広まりますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする