武田豊樹の今現在と結婚した妻や子供は?競輪の獲得賞金や成績は?

スポンサーリンク

「消えた天才」にスケート清水宏保さんが

がボロ負けした同い年の天才として

武田豊樹さんが登場します!

突然消え極貧生活の後に奇跡の逆転から

億万長者に成ったという武田豊樹さん。

今現在は競輪選手として

大活躍されています!

それにしてもオリンピックで

2大会連続メダルを獲得した

清水宏保さんが、

いつも勝てなかったという

武田豊樹さんは相当スゴイ実力があったの

だと思いますが、

どのような経歴なのでしょうか?

武田豊樹さんの高校や大学などのプロフィールは?

https://perfectanavi.com/column/10877/

名前  :武田 豊樹(たけだ とよき)
生年月日 :1974年1月9日
年齢  :44歳
出身  :北海道斜里郡斜里町
身長  :177cm
体重  :90kg
高校  :釧路緑ヶ岡高等学校(現・武修館高等学校)
大学  :

斜里町出身の武田豊樹さんと

帯広市出身の清水宏保さんは、

出身は違えど、

小学校時代からずっとスピードスケートの

大会や合宿で一緒だったそうです。

お二人ともすでに全道レベルで

活躍されていたんですね!

清水宏保さんはあまりおしゃべりが得意では

なかったようですが、

武田豊樹さんはよく話す方だったようです。

しかしお二人は同学年のライバルではありますが、

すごく仲が良かったようです。

きっと実力が近いからこそ分かり合えるものが

あったのでしょうね。

豊樹が出掛けた。その時に豊樹が学んだトレーニング法がスピードスケートのナショナルチーム合宿でも積極的に取り入れたことは、あまり知られていないと思う。
昔から豊樹はものすごく自転車が好きで。あまりに博識で何度も驚かされた。彼が持ち込んだトレーニング理論と方法は画期的で間違いなく、ソルトレーク五輪チームを支えてくれた。
平原選手の前を走るというのも豊樹らしいかな。まだまだ先で風を切るプライドがあるんでしょう。勝てば昨年に続いて1億円! 豊樹のおごりで乾杯だね!

武田豊樹さんのスピードスケートの経歴は?

スケートでは高校時代にインターハイと

国体を制し、清水宏保さんに

常に勝っていたという武田豊樹さん。

あの清水宏保さんが一度も

勝てないというのだから、

もの凄い実力ですよね!

オリンピックのメダルも期待されていた程の

逸材として、

高校卒業後に王子製紙スケート部に入部するも、

タイムが伸び悩んだという武田豊喜さんは、

競輪学校入学を目指すために現役を一時引退し、

23歳で日本競輪学校受験も失敗。

当時は年齢制限24歳以下で最初で最後の

挑戦だったそうです。…厳しいですね・・。

無職になった武田豊樹さんの就活を

受け入れたのは参議院議員の橋本聖子氏でした。

運転手兼荷物持ちで、見るのも聞くのも

初めての首都圏で地図を頼りに

「羽田空港や国会議事堂まで何時まで」と

ハンドルを握り、

ずっと緊張の糸が途切れなかったそうです。

アシスタント3人で同居していた

足の踏み場もないワンルームマンションを

早朝に出て帰りつく頃には日付が変わるのが日常。

高校時代にあれだけ輝いていた

武田豊樹さん。スケートでも競輪でも夢破れて

辛かったでしょうね・・・。

スポンサーリンク

「このままでいいんだろうか。」と

武田豊樹さんは思い悩んでいたところ、

スピードスケートと自転車競技で日本人最多の

五輪7大会出場の橋本氏が、

「もう1度やってみたら」と背中を押し、

また、ある時、武田豊樹さんが

競輪のトレーニング中に、オフの自転車

トレーニング中の清水宏保選手と再会。

一緒に練習したことによりスピードスケート

への想いが徐々に沸きあがり、

1998年に現役復帰されました。

清水宏保選手と一緒に練習することで

成績が向上した武田豊樹さんは、

ソルトレイクシティオリンピック前の大会で、

当時の今季世界最高の34秒62をマーク!

ソルトレイクシティオリンピックの代表に

選ばれました。

初めてのオリンピックとなる

ソルトレイクシティ大会に出場しました。

当時、500mのタイムは清水宏保さんより

速かったんですね!

マスコミからも「メダルの有力候補」と、

評されていた武田豊樹さん。

しかし、500mの1本目に武田豊樹さんは

痛恨のスタートミスを犯して、

最終的には8位、1000mは16位という結果に。

その同じ大会では

清水宏保選手はは銀メダルに輝いています。

そして、

武田豊樹さんは直後に競輪学校へ入学しています。

武田豊樹さんの競輪の成績や獲得賞金は?

ソルトレークシティオリンピックの

2か月後に、競輪学校に入学したという

武田豊樹さん。

実は中学時代から競輪選手に憧れていたそうです。

年齢こそ24歳をとっくに過ぎた29歳でしたが、

競輪学校の規則が変わり、

五輪後に異種目で実績を挙げた選手を

対象とする特別選抜枠が新設され、入学。

1度は夢破れた道を歩むことが

できるようになったんです!

2003年のデビュー戦の立川競輪場では、

決勝で落車棄権して右肋骨(ろっこつ)を骨折。

その時に、

「すごくヤジられた。
スケートでは経験したことがない。
とんでもない世界に来た」

と思ったそうです。

しかし、

A級は毎回ブッチギリで1着。

そして9連勝しS級特進。S級でも6戦3勝。

と順調にキャリアを積んできました。

そして、

2009年3月に日本選手権を初制覇!

G1初タイトルはデビュー7年目のことでした。

この時はすでに気35歳だったそうです。

その後は、

G1を5度制覇し、

最優秀選手賞に2度輝き、通算300勝達成と

素晴らしい成績を残しています!

2014年の獲得賞金は約2億2000万円と第1位で、

今現在の生涯獲得賞金は、

1,458,653,358円だそうです!!

https://www.daily.co.jp/horse/keirin/2016/05/23/0009111720.shtml

武田豊樹さんの結婚した妻や子供は?

武田豊樹さんは2009年に、智恵子さんという

女性と結婚し、女のお子さんがいらっしゃいます。

自宅は茨城県の取手市にあり、450坪の

敷地内には練習場があって、

最新のウエート機器など完備した「武田道場」

があるようです。

「競輪場から(残り1周半を告げる)
打鐘が聞こえる」

と言う場所にしたのは、

トップを走り続ける。まだまだ強くなるため。

なのだそうです。

挫折と苦悩の道を努力で駆け上がってきた

武田豊樹選手、本当に素晴らしいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする