梶田凪の身長や体重と高校は?父親やコーチと所属先は?体操の成績がスゴイ!

スポンサーリンク

梶田凪(かじたなぎ)選手は、

世界体操女子団体予選では、

杉原愛子選手の

負傷により、急遽4種目出場することに

なったのですが、

得意の段違い平行棒では大技

「伸身トカチェフ」を決めるなど、

活躍されています!

平均台では落下するなどの

ミスはあったものの、大舞台で急遽演技

することになったことを考えると、

平行棒での演技は素晴らしかったと

評判です!

まだ高校生の梶田凪選手ですが、

これからが楽しみな選手ですね!

梶田凪の年齢や高校などのプロフィールは?

梶田凪

http://taisou-nippon.jp/player/nagi-kajita.html

名前  :梶田凪(かじたなぎ)
生年月日:2000年10月15日
年齢  :18歳
血液型 :O型
出身地 :山梨県
中学  :甲府城南中
高校  :甲斐清和高等学校
身長  :154㎝
体重  :43㎏
所属  :山梨ジュニア体操クラブ
趣味  :ドラマを見る事

梶田凪さんは山梨県の出身です。

高校は甲斐清和高等学校で、

体操部に所属されています。

その他に個人的に山梨ジュニア体操クラブにも

所属されているのですが、

個人練習はこちらのクラブの方で主にされているのでは

ないでしょうか?

山梨ジュニア体操クラブのコーチは、

伊東安崇コーチで、

http://oretoku.click/gymnastics/nagi-kazita-wiki-profile-height-weight-school-the-strength-of-the-secret-the-main-results

梶田凪選手が幼いころから、

指導してきたそうです。

幼いころから指導してきたことから、

今回の2018年、世界選手権の代表に選ばれた

時はコーチも涙するほど

嬉しかったようですね^^

梶田凪の身長や体重は?

前述のプロフィールにもありましたが、

梶田凪選手は、

体操ニッポン公式サイトによると、

身長154㎝

体重43㎏   でした。

梶田凪選手は現在18歳。

同じ18歳の女子平均身長は、159.0㎝

体重は49.5㎏

ですので、

平均よりも小柄な印象ですね!

それでも体操ニッポン女子の中では、

身長は高い方なんだとか。

https://twitter.com/GymnasticsJapan/status/1050260302304927744

https://instagrammernews.com/detail/1225963639704916456

外国の選手に比べると、大きくはないものの、

小さくも無いので、

体操選手としては、やや大きめ?

位ではないでしょうか?

体操ではジャンプや回転など、

小さいころから競技に参加しているため、

スポンサーリンク

高所からの落下による衝撃やジャンプの

着地による衝撃にさらされて

骨端点が閉じるのが早くなるという

説がありますね。

梶田凪選手の

自己アピールポイントは、

長い手足を活かした演技だそうですので、

身長は一般的には低くても、手足が長いので、

何となく大きく見えますし、

スタイルが良いです!

https://instagrammernews.com/detail/1231458355825348835

梶田凪の経歴は?

梶田凪選手は5歳のころ、

弟の友達が体操を始め、紹介されて

体操を始めたそうです。

梶田凪さんは、

わからないことはコーチに確認するなど、

地道に努力を重ねるタイプで、

みんなの模範的な生徒さんだったようです。

体操を習って初めて技が出来るようになって、

その面白さに目覚め楽しくなってきたと言います。

繰り返し練習をしていった結果、

技の難易度なども上がっていったそうです。

ただ、幼いころの梶田凪さんは、とても

緊張するタイプで、

大きな大会では、

本来の力をしっかりと発揮できないことが

多かったようです。

しかし小学5年生で参加した

体操トップ選手の合宿では、

自分よりも上手い子達が自分よりも

たくさん練習していたことに

刺激を受け、

自分の本番での弱さの原因に気づき、

さらに努力を積み重ねました。

その努力の結果が、

成績に現れてきます!

梶田凪の体操の成績は?

■2011年11月、U12指定育成選手
全日本ジュニア、東日本ジュニア優勝

■2014年10月、U14ジュニアナショナル
強化選手の指定を受ける。

■2015年、国際ジュニア出場。
山梨県所属選手として初の快挙。

■2016年、ナショナル強化指定選手。

■2017年、全国高校選抜女子個人選手権2位、
全日本個人総合選手権女子3位、
NHK杯女子個人総合4位、
全国高校総体女子個人総合2位

■2018年、世界選手権代表選考会兼NHK杯5位

上位6人の同代表候補に選ばれ、世界選手権代表入り!

その時の段違い平行棒の演技がこちら!


小学校低学年の頃から海外の大会に参加し、

今回の世界選手権前にも海外で様々な指導者から

アドバイスをもらい、吸収してきた結果、

得意の平行棒で、

大技の「伸身トカチェフ」を決めることができたんですね!

山梨ジュニア体操クラブの、

伊東安崇コーチによれば、

「分からないことや納得できないことは

きちんと投げかけてくるから、

こちらも細かい所まで突き詰められる。

そのコミュニケーション能力が

技術の向上につながっている。」

のだそうです!

また、

平日は放課後から午後9時すぎまで、

土日は一日6時間、体操クラブに通って

練習する練習の虫!なんだとか!

梶田凪選手に限りませんが、

一流のアスリートのみなさんは、一般人が

想像する以上に

競技の練習をされていますね!

東京オリンピックで活躍される

姿が見たいですね^^

梶田凪の父親などの家族は?

梶田凪選手の実家はぶどう農家なのだそうです。

実家の庭には、父親が鉄骨で組み立てた

ブランコや鉄棒があり、

幼いころから、

この手作り遊具でずっと遊んでいたそうで、

これがいまの活躍の元になっているのだとか。

近頃は、理由はわかりませんが、

鉄棒のある公園が少なくなってきたように

思いますね。

危険だとかそういう理由なのでしょうか?

母親ぶどう農家を手伝っていらっしゃいます。

働きながら、娘のために、

食事作りなど、苦労も多いかと思います。

しかし、母の愛は深く、

2016年5月の練習中に梶田凪選手が

右足を骨折する大けがを負ったために、

リオ五輪に出場する選考メンバーから

外れてしまったという過去から、

練習や試合の時に髪に飾るシュシュを

手作りしているそうです。

このシュシュには、ケガをしないようにと

願いが込められ、

レオタードに合わせた色や柄で

作ってくれているのだとか。

こういうさりげないサポートって嬉しいですよね^^

梶田凪選手の力の源にも

なるのではないでしょうか?

梶田凪選手は、

「それを励みに頑張らないといけないと思います」

と語っています。

家族やコーチ、仲間と共に、

東京オリンピック出場に向けて

がんばっている梶田凪選手を応援したいですね^^

ミライモンスターに出演する 体操女子の畠田千愛(はたけだ ちあき)さん。 父親と母親、お姉さんも体操をされている、 体操一...

今活躍されている畠田瞳さんの妹も今後注目選手です

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする