中村朱美はステーキ丼佰食屋(ひゃくしょくや)社長!すき焼き店や経営方針とは?

スポンサーリンク

京都のステーキ丼店、

佰食屋(ひゃくしょくや)

社長の中村朱美(なかむらあけみ)さんが

セブンルールに出演!

中村朱美さんは、京都市内に3店舗も構えています。

どのお店も国産牛を専門にしているお店で、

整理券がすぐにお客様の手元に

いってしまうほどの人気店です。

今回はそんな、中村朱美さんの

プロフィールや経歴、お店の情報や旦那さん、

お子さんの情報について紹介していきます。

中村朱美の年齢や大学などのプロフィールは?

http://kyoto-womens.org/company/株式会社minitts

【名前】  中村朱美
【生年月日】1984年
【年齢】  34歳
【出身高校】不明
【大学】  京都教育大学

中村朱美の経歴は?

中村朱美さんは1984年生まれ、

京都生まれの京都育ちの34歳です。

京都大学出身で、大学卒業後は、

専門学校の広報として、

お仕事をされていたそうです。

2006年にご結婚され、

当時は会社員はハード勤務が当たり前

だったようで、

毎日働き続けることが大変だったとのこと。

中村朱美さんは、このころ、

結婚をしたら子どもが欲しいと漠然と

考えていたのですが、

実際に子どもが欲しいタイミングの時に

仕事が忙しく、うまく授からずに

2年以上経ちました。

子どもをなかなか授からないのであれば、

先に思い切ったことをしてみよう!と

思い立って始めたのが、会社の起業です。

夫婦2人のうちに、

いつかやりたかったお店をやることに決め、

2012年に

株式会社minitts(みにっつ)をご主人と設立し、

飲食業をメインに営業されています。

会社の設立は二人が結婚する前から

話し合っていたそうで、

旦那さんが作ってくれたステーキ丼が

とても美味しかったことから、

飲食業界に注目していたそうです。

そんな旦那さんの

「おいしすぎたステーキ丼は今すぐに

お店に出すしかない!」

ということで、

2012月11月29日に第一号店となる

国産ステーキ丼専門店の「佰食屋」を

オープンされました。

また、

元々子育てと仕事を両立させたい

と考えていたという中村朱美さん。

忙しい職場で働いた経験から、

実際に子どもを授かったとしても、

子育てと仕事を両立できるイメージがわかず、

仕事をセーブする、もしくは

辞めざるを得ないのだろうか、

と考えていました。

そこで

「経営者になれば自分で自分のルールが作れる」

と考え、飲食店で働いた経験がゼロながら、

ステーキ丼の専門店をオープンしたそうですね。

オープン当初は、客足が思うように伸びず、

なかなか売れない日々が続いていた

そうですが、

味と品質は抜群だったことから、

お客さんの口コミや地元メディアに

取り上げられたことをきっかけに

お客様の数が増えてきました。

今では、朝から整理券を配布しないと

長蛇の列になるくらいの繁盛店に成長し、

2015年には「佰食屋 すき焼き専科」

2017年3月に「佰食屋 肉寿司専科」

をオープンさせました。

中村朱美の経営方針とは?

中村朱美さん自身が子育て真っ只中であり、

これまで忙しい職場を経験されてきたことから、

自分の理想となる働き方が出来る

会社を設立した中村朱美さん。

その会社、株式会社minitts(みにっつ)の

取り組みとは、

■有給休暇、完全消化制度(全員)

■パートから正社員・短時間正社員への登用有(実績・2名)

■有給休暇の分割制度(1/2、1/3も可能)

■子の送迎で必要な場合はフレックスタイム制

■休日を1年単位で振替取得可能(年末・夏休みなど)

■出産後復帰時、保育園入園が決まるまで、託児所費用負担(実績・1名)

■個別に希望の出勤時間・退勤時間・勤務日数・勤務曜日を面談の上把握し、勤務に反映できるよう調整している

http://kyoto-womens.org/company/株式会社minitts

有給休暇なんて取ったことない!

なんていう方もいらっしゃいるのでは

ないでしょうか?

しかし、中村朱美さんの会社では、

有給取得のため理由もかなりオープンに、

「ライブに行く」

「海外旅行に行く」

「彼女との記念日」

と堂々と言えるのだそうです。

それも社長である中村朱美さんが、

有給申請を受けた時、

笑顔で対応されるからなのでしょう。

有給を取りたくても、

雰囲気がそうさせない職場も多いでしょう。

会社のトップがこのような姿勢ですと、

会社も明るくなりそうですね!

従業員みんなが私生活を楽しむことができると、

仕事にも必ず良い影響があると中村朱美さんは、

は信じており、

また、

中村朱美さんは、

就業時間内に終えられる仕事の範囲内で

利益をあげるのが会社のあるべき姿だ。

と言います。

飲食店の1年間の離職率は30%と

産業別で最も高いのは、

長時間労働や残業も多いからだといいます。

そんな中、中村朱美さんが経営する、

京都の人気ステーキ丼の店「佰食屋」は、

「ランチのみ100食限定」の働き方改革を

実践されています。

現在、従業員は正社員14名、

アルバイト16名の合計30名。

中には二人の子供を持つ主婦やシングルマザー、

妊娠中の女性なども働いているのは、

100食限定にする事で残業をなくしていることが

大きいのでしょう。

中村朱美のお店の場所は?

中村朱美さんが現在運営している佰食屋は

全部で3店舗あります。

すべてのお店は京都市内に

お店を構えています。

残念ながら関東にはお店がないようです。

実際に足を運んでみたいけど、

お店の詳しい場所やアクセス方法が

わからない人のために

佰食屋の場所とアクセス方法を紹介しますね^^

「国産牛ステーキ丼専門店 佰食屋」

こちらのお店は国産牛ステーキ丼を

うりにしたお店です。

大人気メニューは1000円という金額で

食することができるステーキ丼となっています。

https://gigazine.net/news/20150306-100shokuya-steak-bowl/

その他には、

国産牛おろしポン酢ステーキ定食1100円と

国産牛100%ハンバーグ定食1000円があります。

【アクセス方法】

こちらの店舗のアクセス方法ですが、

阪急「西院」駅より徒歩5分のとこにあります。

春日通(佐井通り)沿いの1Fにお店があるので、

アクセスは抜群です。

専用の駐車場はないので、

車で来た際は近くのコインパーキングの利用をお願いします。

https://r.gnavi.co.jp/7nmusc910000/

国産牛ステーキ丼専門店 佰食屋
【住所】京都市右京区西院矢掛町21シュール西院1F
【営業時間】11:00~14:30
【定休日】水曜日
【電話番号】075-322-8500
【HP】http://www.100shokuya.com/

スポンサーリンク

「佰食屋すき焼き専科」

こちらのお店は店舗名からもわかるように、

すき焼きをメインに提供しているお店です。

もちろん国産牛にこだわっていて、

国産牛すき焼き定食は1100円という

お値段で楽しむことができます。

https://job.inshokuten.com/kansai/work/detail/22230

その他にも

国産牛京風味噌鍋定食1100円と

サイコロステーキ定食1300円があります。

【アクセス方法】

阪急「河原町」駅より

徒歩1分のところにあります。

四条通から1本入った路地にあるので、

少しわかりにくい印象ですが、

お手持ちのスマートフォンで調べれば、

簡単にたどり着くはずです。

自家用車の場合は専用駐車場がないので、

お近くのコインパーキングの利用をお願いします。

http://www.sukiyakisenka.com/shop/

佰食屋すき焼き専科
【住所】京都市下京区西木矢町通四条下る船頭町187
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】木曜日
【電話番号】075-361-2900
【HP】http://www.sukiyakisenka.com/shop/

「佰食屋肉寿司専科」

こちらも店名からわかるように

肉寿司を提供しているお店です。

人気メニューは国産牛肉寿司定食と

なっています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20170710-00073123/

その他にも、

国産牛肉茶漬け定食などもあります。

店では、全ての定食が1100円です。

【アクセス】

阪急「河原」駅より

徒歩4分のところにあります。

河原駅から徒歩で行く場合は、

御幸町通から入って、鍛冶屋町の通りを

西方面に行くと、右手にお店があります。

こちらのお店には専用駐車場がないので、

車で行かれる際はお近くの

コインパーキングを利用してください。

佰食屋肉寿司専科
【住所】京都市中京区錦小路通御幸町西入鍛冶屋町215 2F
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】火曜日
【電話番号】075-255-4567
【HP】http://www.sushi-beef.com/

中村朱美の年収は?

佰食屋の社長として

日々、お仕事されている中村朱美さんですが、

現在3店舗もお店を構えられています。

人気店だけに、彼女の年収について

気になる人も多いでしょう。

そんな、中村朱美さんの年収について紹介します。

中村朱美さんの年収ですが、

いろいろ調べたところ、

正確な年収情報については不明でした。

しかし、ここで諦めるわけにもいかないので、

飲食店オーナーの平均年収を参考に予想しました。

飲食店を経営しているオーナーですが、

平均600万円の年収になっています。

高年収というわけではないですが、

一般サラリーマンと比べれば、

高い年収でしょう。

これはあくまでも平均年収なので、

高利益を上げているお店のオーナー

であれば800万円から1000万円

というのも夢ではないお話です。

逆に利益が上がっていないお店の場合は

年収200万から300万円も珍しくない

金額となっています。

中村朱美さんが経営している佰食屋ですが、

現在は京都市内で人気店といっても

過言ではないくらい、

お客様が足を運ぶお店です。

長蛇の列ができてしまうことから、

毎朝整理券を配っているほどです。

そう考えると、中村朱美さんの

給与も期待できそうですが、

国産牛を1000円(一部1100円)という

金額で食することができることから、

利益率自体はあまりよくない印象があります。

儲かっていないということはないと思いますが、

600万円~1000万円という年収だと推測しています。

中村朱美の旦那や子供は?

中村朱美さんの旦那さんの情報は前述でも

少し紹介しているので、

結婚していることはご存知でしょう。

ちなみに2人の結婚は2006年、

そのほかに二人の情報について調査したのですが、

旦那さんが不動産業を

営んでいる位の情報がなく、

その他には情報があまり出回っていませんでした。

ちなみに旦那さんも飲食店の

厨房で働いているそうです。

2人の間には4歳の娘と2歳の息子がいます。

2歳の息子さんのほうは脳性麻痺で

右手右足が少し動きにくいということで、

リハビリをされているそうです。

お子さん2人の子育てをしながら、

お店を経営されているので、

毎日ハードな生活を送っていらっしゃると思います。

自分自身の身体が壊れてしまうと、

どうしようもできないので、

ハード過ぎて体調だけは崩さないで欲しいところです。

まとめ

今回は中村朱美さんについて紹介しました。

中村朱美さんは京都市内で国産牛専門に

取り扱った飲食店を

3店舗も経営しているオーナーです。

オープン当初は、客足が伸びず

悩んでいたこともあったそうですが、

現在は人気店へと急成長!

私生活面でも旦那さん、

子供二人に恵まれて幸せに生活されています。

息子さんの脳性麻痺については心配ですが、

今のところは命の落としてしまう

というような心配はないということです。

そんな私は中村朱美さんの今後の活躍を応援しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする