宮本拓と小嶋陽菜のアメリカ旅行の真相は?週刊新潮の記事や結婚の可能性は?

スポンサーリンク

モデルでタレントの
小嶋陽菜(こじはる)さんと宮本拓(みやもとたく)さんの
アメリカ旅行の熱愛が報じられています。

宮本拓さんはDMMグループ『ピックアップ』の社長
でということで、IT企業の社長です。

年齢は5歳も年下で、若手社長ですね。

小嶋陽菜さんは今年30歳になり、
AKBを卒業し、
そろそろ結婚も意識する年頃だとは思いますが、

お相手の宮本拓さんはどのような方なのでしょうか。
週刊新潮の記事をもとに調べていきたいと思います。

宮本拓と小嶋陽菜のアメリカ旅行!週刊新潮の内容は?

掲載記事の内容を要約すると、

30歳となった今年4月19日の数日後、
小嶋陽菜さんはツイッターでこう呟いています。

アメリカのカリフォルニア州で
同時期の数日間にわたって行われた、
野外音楽フェス『コーチュラ2018』での写真付き投稿。

彼女は”世界の歌姫”ビヨンセを観た興奮を、
ツイッターだけでなくインスタにも載せています。

『実はここに、小嶋さんの誕生日を祝うため、
ある男性も一緒に行っていたと聞いています。
4月18日から24日の日程でね。』

そう打ち明けるのは、IT業界の事情通です。

『男性は、25歳の若さで
DMMグループの会社【ピックアップ】で
社長を務める宮本拓さん。

アメリカから帰ってから、
”フェスを観に行った”と知人に話していたそうです。

2人は今六本木のマンションで半同棲状態にあって、
宮本社長が小嶋さんと付き合うために引っ越したと言います。

宮本社長が”かわいい”とツイッターにあげている犬も、
以前、小島さんが飼っていたトイプードルにそっくりなんですよ。』

そのトイプードルとは、こちらに映る犬のことですね。

宮本拓社長と小嶋陽菜との馴れ初めは?

肝心の宮本社長はどんな人なのでしょうか?

新潮によれば、
まず六本木の部屋を確認すると、
家賃は月に180万円前後!

スポンサーリンク

別の事情通によれば
小嶋さんの5歳下の彼にそれだけの財力ができたのは
4年前に設立したピックアップでリリースした
写真保存アプリ『POOL』の大ヒットが端緒です。

DMMの片桐孝憲さんの助言で昨年1月に会社をバイアウト。
DMMグループに入って9億円を得て、
共同創業者と分配して5・6億円ほど手にしたのでは。

そして昨年8月。

DMMが手がけてた一口馬主アプリ『バヌーシー』の
イメキャラに小嶋さんが就いた縁で、
片桐さんが宮本社長に紹介した形だったと思います。

イケメンなのに冴えない理系男子だった宮本社長に
デートコースを教え、

”オレが二人をくっつけたんだ”
とじょうだんめかすDMM関係者もいるのだとか。

履歴書をさらにめくると、

熊本県立大在学中の12年に上京。

エンジニアが集まるシェアハウスに身を寄せ、
貧乏生活をしながら腕を磨いたというから、
絵に書いたような成功譚ではないか。

いま、IT業界には”小嶋さんに夢中で社長が疎かになっている”
と厳しい声が広まりつつあるようですが、
ともあれ、2人の関係をこじはるの事務所に訊いたところ、

すると驚くことに、

『プライベートは基本的に本人に任せています』と否定せず、
彼女の意思や行動に対して私共は信頼しております。
長年のアイドル生活の中でしか養えなかったこと、卒業してから身につけていくこと全てが彼女の人生の糧になると思っていますので、私共は成長を見守って生きたいと思っております。

との回答が。

このような感じで週刊新潮にて
小嶋陽菜さんと『ピックアップ』社長の
宮本拓さんの熱愛が報じられているわけですが、

ツーショット写真などは掲載されておりません。

ただ、事情通の話や、
小嶋陽菜さんがアメリカに行ったときに
男性が同行していたこと、

そして、ツイッターに掲載された写真に映る
トイプードルが小嶋陽菜さんの飼い犬に
そっくりだったことから交際しているのだと
報じられているようですね。

事務所も否定していませんし、
信憑性はありそうですね・・・。

小嶋陽菜さんの年齢からすると、
結婚の可能性もありますが、

宮本拓社長はまだ若いですので、
もう少し先になるのかも・・?

まとめ

小嶋陽菜さんの宮本拓さんは、
アプリ『バヌーシー』CMの
イメージキャラクターとして小嶋陽菜さんが活動しており、

そのアプリのDMM社長の片桐さんからの紹介で
交際したとのことですので、

仕事繫がりということでしょうか?
IT企業社長はこういう風に芸能人と出会うのですね。

宮本拓の経歴や大学とや高校は?顔画像や小嶋陽菜との身長差や年収は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする