辻愛沙子(つじあさこ)の高校や大学と広告会社は?手掛けた商品や年収も!

スポンサーリンク

辻愛沙子さんは、大学生ながら
広告会社のクリエイティブディレクターとして
活躍され、
林先生が驚く初耳学にも出演されています!

辻愛沙子さんが手掛けた商品は、
「日経トレンディ」の2018年
上半期ヒット商品にも選ばれ、

ターゲットを見据えた着想と宣伝戦略が
素晴らしいと評判の女子大生なんです!

辻愛沙子さんが生み出した商品や年収と
高校と大学などの経歴について
調べてみました!

辻愛沙子さんの高校大学などの経歴プロフィールは?

辻愛沙子

名前  :辻愛沙子(つじあさこ)
生年月日:1995年11月24日
年齢  :22歳
出身  :東京都
高校  :ニューヨークの高校
大学  :慶応義塾大学環境情報学部
会社  :エードット

“女子大生仕掛け人”といわれる
辻愛沙子さん。

どんな経歴の持ち主なのか
調べてみると、ものすごいしっかりとした
独立心のある女性でした!

小学生の頃から海外に強い興味を持ち、
小学校6年生で、インターネットで情報を集めて、
親に留学したいと懇願したというから
驚きですね!!

そして、2010年、中学2年生で単身渡欧。
本当に実現させちゃいます!
ご実家もそれなりに裕福な家庭だったのでしょうか?

ヨーロッパ留学が決まり、
辻愛沙子さんは、

英国の全寮制語学学校を経て
スイスの全寮制アメリカンスクールに入学。

その後は渡米し、
ニューヨークで高校生活を送っています。
高校の名前は具体的には明らかにされていませんが、

このころからウォールアートなどの
アート制作にも積極的に取り組み始めたようです。

2014年9月、大学に入学するために帰国し、
慶応大学環境情報学部に入学した
辻愛沙子さん。

当初は普通の学生生活を満喫していたのですが、
やはり10代の頃の長い海外生活で、外国人の友人の
アグレッシブさに影響を受け、

課題を発表するだけの学生生活に
物足りなさを感じるようになり、

「今自分にできることはないか。」
と模索し、

学業のかたわらアパレル企業でプレスとして働き始めました。
思い立ったら即実行!
小学生のころから変わっていない、
生来の性格なのでしょう。

そんな辻愛沙子さんはなぜ広告業界に
興味を持ったのでしょうか?

「積極的に見ようとしていない人にまで
メッセージが届く広告という業界に
次第に興味をひかれるようになった」

http://nbox.wpblog.jp/日経トレンディネット/13141

広告をこういう角度からとらえて、
自分も手がけてみたいと思ったのですね。

もともと絵を描いたりするのは好きで、
高校時代からウォールアートなどのアート制作にも
興味があったようなので、

クリエイティブな仕事は
向いていたのでしょうね。

現在の勤務先であるエードットは、
当初はインターンとして働いていたのですが、

辻愛沙子さんのやる気や姿勢に共感した同社が、
学生でありながら正社員として採用する
「学生社員」という枠を新設。

2017年4月に正式に入社しています。

正式に入社後も、数々の商品・企業のブランディングに
携わってきた辻愛沙子さん。
どんな商品に携わってきたのでしょうか?

辻愛沙子さんが手掛けた商品は?

SNSで拡散される口コミを利用した
マーケティングは、
いまやプロモーションの核の1つとなり、

とくに若い世代や女性を中心とした
マーケットにおいて、
その効果はひときわ高いのだそう。

確かに男子よりも
インスタ映えを気にしますしね・・・。
女子のほうが話題に敏感だったりしますね。

10代20代の女性の感性に強く影響されるSNSの
プロモーションを得意として注目されているのが
辻愛沙子さん!

これまでにすでに多くの商品に関わっています。

お台場ウォーターパーク」のウォールアート

若い女性をターゲットとした
ジェニックスタジオという写真撮影用ブース。

こちらで撮影された写真は
一ヶ月半で約2万件のSNS投稿が行われました。

スポンサーリンク

「那須りんどう湖 LAKE VIEW」のアートスポット


男性同士やカップル、家族連れ、お年寄り、
LGBTの方など、より多くのユーザーを対象とするので、

「人を選ばず、おしつけにならない」という考え方で
テーマとして虹が用いられています。

アイドルグループ「夢見るアドレセンス」の動画コンテンツ

ロッテ「イートミント」のキャッチコピー

#イートミントなう は、
ロッテの新商品の広告でツイッターで
急上昇したハッシュタグです。

イラストレーター、コピーライター、
作詞家や芸能人などの知名度のある方々が
つぶやいています。

「RingoRing(リンゴリング)」

リンゴリングの味付けは食に関する
プロが行ったものの、
りんごを揚げたスイーツという
コンセプトやロゴを考えたのは辻愛沙子さんです。

輪切りにしたりんごに衣をつけて揚げており、
見た目はドーナツのようなのですが、
口に入れるとりんごの酸味が広がり、
さっぱりとした味わいが特徴です!

リンゴリングを扱うカフェはこちら!

「the AIRSTREAM GARDEN(エアストリームガーデン)」

ほかにももちろん、
たくさんありますよ~

辻愛沙子さんの年収は?

これだけの商品や作品をプロデュースされていますので、
大学生にして年収はすごそうですね。

株式会社エードットの2019年新卒正社員の
月給が22万円で、

広告クリエイティブ関係の正社員の年収が、
350~600万円ほどでした。

ですので、辻愛沙子さんの年収も
このくらいなのでは?と予想します。

今後、フリーとしてブランディングされることになれば、
年収はもっと増えるのかもしれませんね^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする