嶺井美穂の高校大学と身長や柔道の成績は?計量失敗や怪我を家族で乗り越える!

スポンサーリンク

ミライ☆モンスターに出演の

嶺井美穂(みねいみほ)さんは現在21歳の

現役大学生ながら、柔道選手として注目

されている選手です。

大きな怪我を乗り越えて、2018年9月の

大会で完全復帰をした選手ということで、

現在注目度が上がっています。

今回はそんな嶺井美穂さんの簡単な

プロフィールや出身高校・大学について、

また、これまでの成績や彼女が悩まされた

度重なる試練について紹介しています。

嶺井美穂の年齢や体重などのプロフィールは?

https://gunosy.com/articles/ae0F4

【名前】  嶺井美穂(みねいみほ)
【生年月日】1997年年9月16日
【年齢】  21歳
【出身】  埼玉県
【身長】  163cm
【階級】  70kg級
【血液型】 AB型
【組み手】 右組み
【得意技】 大外刈

現在やっている柔道は5歳の頃に祖父から、

柔道に向いている骨格をしていること

から勧められて、

地元の柔道クラブに所属しました。

柔道以外でも水泳や陸上競技、バレボールなど

のスポーツにも取り組んでいたそうです。

小学校5年生のときには

全国小学生学年別柔道大会40kg超級に出場し、

予選突破はしたものの、決勝トーナメント

1回戦で残念ながら敗退した経歴もあります。

その後も学生柔道大会に数多く参加し、

準優勝や優勝という好成績を収めました。

直近では2018年に開催された学生体重別の

柔道大会で優勝という成績を収めています。

プライベートな情報ですが、嶺井美穂さんの

彼氏情報について調べてみました。

しかし、彼氏がいるような情報は一切

ありませんでした。有名柔道選手とはいえ、

まだ一般人の学生ですから、

さすがに彼氏の情報が出回ることはなさそうですね。

嶺井美穂の高校や大学はどこ?

嶺井美穂さんの埼玉県出身です。

中学は埼玉県東松山市の

東松山市立南中学校に通学していた

情報がありました。

そこから、高校進学となれば家から近い

高校を志望すると思うのですが、

神奈川県横浜市の桐蔭学園高校に

入学したそうです。

桐蔭学園高校は私立高校なのですが、

特にスポーツに力を入れている学校として

有名です。

嶺井美穂さんの場合は中学時代から柔道で

好成績を収めていたので、

特待生として入学した可能性があります。

実際に高校時代で大きな怪我はあったものの、

リオネジャネイロオリンピックの代表候補に

選出されるほど、レベルの高い練習を

桐蔭学園高校でされていました。

そして、桐蔭学園高校卒業後は大学進学を

決めています。

具体的な大学名は「桐蔭横浜大学」で、

こちらの大学もスポーツで有名な大学です。

大学でも怪我に悩まされて、試合出場から

遠ざかっていたこともあったのですが、

現在は大会出場で優勝という成績を収め

られているので、完全復帰といったところです。

嶺井美穂の柔道の成績や経歴は?

これまでの峯井美穂さんの

柔道の成績をまとめてみました。

・2010年:全国中学校柔道大会 2位
・2011年:全国中学校柔道大会 2位
・2012年:全日本カデ     優勝
・2012年:ドイツカデ国際   優勝
・2012年:全国中学校柔道大会 2位
・2012年:アジアユース    優勝
・2013年:インターハイ     2位
・2013年:講道館杯      2位
・2014年:全国高校選手権   5位
・2014年:ロシアジュニア国際  3位
・2014年:インターハイ    優勝
・2014年:全日本ジュニア   優勝
・2014年:世界ジュニア    優勝
・2014年:講道館杯      優勝
・2015年:ヨーロッパオープンオーバーヴァルト 2位
・2015年:全国高校選手権   優勝
・2015年:選抜体重別      3位
・2015年:グランプリ・ウランバートル 2位
・2015年:金鷲旗         3位
・2015年:インターハイ 団体戦 3位
・2015年 :グランドスラム・パリ 5位
・2016年:講道館杯       2位
・2016年:グランドスラム・東京 2位
・2017年:グランドスラム・パリ 7位
・2018年:優勝大会       3位
・2018年:学生体重別      優勝

※2011年までは57㎏級 2012~2017年63㎏級 2018年~70㎏級

家にはたくさんのトロフィーや賞状があることが

想像できますね!

成績を一覧で見る感じでは、

今までどの大会でも安定した成績を収めて

いる印象があります。

スポンサーリンク

2014年は怪我で悩まされていた時期にも

かかわらず、「優勝」という称号が

並んでいるのは驚きです。

http://www.city.misato.lg.jp/item/23943.htm

ちなみに長年63kg級で活躍されていた

嶺井美穂さんですが、2018年9月の

学生体重別大会では新たな階級70kgで

試合出場を果たしました。

その大会では見事に優勝し、今後は70kg級の

選手として活動されるのでしょう。

嶺井美穂の試練とは?

前述で紹介した嶺井美穂さんの成績だけを

見れば、順調な選手生活を刻んでいる

雰囲気がありますよね。

しかし、ずっと順調な選手生活を送っていた

わけではありません。

中学時代から高校時代にかけて、

数々の大会で好成績を収めた

嶺井美穂さんですが、

高校3年生の試合中に右膝内側側副靭帯を損傷、

怪我負った以降の試合戦績が悪い時期が

続いていました。

怪我から復帰して、大学に入ってからも

右肩二頭筋腱損傷で1年くらい試合から

遠ざかることがありました。

しかし、嶺井美穂さんは高い実力がある選手

ということもあって、怪我から復帰後は

怪我でのスランプを見せない好成績を収めました。

しかし、

これから柔道選手として本格活動していくと

目指していたところに、

もう一つ大きな事件がありました。

もしかしたら、この事件は皆さんの記憶に

残っている人もいるかもしれませんが、

「世界選手権代表最終選考会兼
全日本選抜体重別選手権」での

体重オーバーです。

柔道といえば、体重別で階級が変わるので、

戦っている階級の体重をきちんと

維持しなければなりません。

当時の嶺井美穂さんの階級は63kg級だった

のですが、選考会の計量でオーバーしてしまい、

失格で出場することができませんでした。

海外ではよくあるお話しみたいですが、

日本国内では珍しい出来事で、

柔道日本代表の監督からは

「もう少し自覚を持って取り組んで欲しい」

と厳しい声が飛んできました。

決して、体重維持は簡単なものでは

ありませんが、

階級があるスポーツではきちんと

守らなければいけないのがルールです。

全日本柔道連盟がこの騒動に対して処分を

検討するほどの事件となりました。

しかし、

このような度重なる試練を重ねながら、

現在は70kg級の選手として活動されています。

2018年9月の学生体重別大会では、

新たな階級で優勝という成績を収められました。

これからの嶺井美穂さんの活躍を期待したいですね。

嶺井美穂の父親や母親と姉もスゴイ?

嶺井美穂さんの父親は

インターハイの砲丸投で3位、

母親は国体のやり投げで2位という

好成績を収めるスポーツ一家に生まれました。

嶺井美穂さんの父親と母親はスポーツを

されていた両親なので、

有名な人だと思っていたのですが、

スポーツ選手として活動していた

わけではないようです。

でも記録を保持しているだけでも

すごいことですよね^^

両親がスポーツ選手ではないものの、

スポーツ一家の娘として生まれてきたことから、

嶺井美穂さんの柔道での実力は両親から

受け継がれたDNAな気がしますね。

そこに嶺井美穂さんの練習の成果も加わり、

良い成績を残しているのでしょう。

計量の失敗や怪我も、スポーツ経験のある

ご両親だからこそ悔しい想いを痛いほど

よく理解し、支えていたのだろうと

想像します。

そして、

気になる嶺井美穂さんの兄弟の情報ですが、

インターネット上では兄弟情報については

出回っていませんでした。

もしかしたら、兄弟がいない一人っ子という

可能性もありますね。

まとめ

今回は柔道選手の嶺井美穂さんを紹介しました。

2018年10月21日、フジテレビで放送された

ミライ☆モンスターを見て、嶺井美穂さん

のことを知った人も多いでしょう。

2020年東京オリンピックに向けて、

現在は本格活動中です。大会まで残り1年半

しかない期間でどのように仕上げてくるのか

楽しみですね。

五輪出場を目指して

頑張ってほしいところです^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする