トルソワの身長や体重と髪の長さは?フィギュア成績と4回転成功動画は?

スポンサーリンク

ロシアの女子フィギュアのトルソワ選手が
14歳で女子選手初の4回転ルッツに成功!

ジャンプの種類の中で難易度の高い
ルッツは男子選手でも世界王者の
ネーサン・チェン選手など
数人しかいないとのこと!

さすがフィギュア大国ロシアですね!
天才な上に相当な努力も
しているのでしょう。

まだまだ外見は子供のトルソワ選手。

これから成長していくことで、
身体の重心なども変わってくると
思いますので、

これからもバンバン4回転が跳べるかという
のも気になるところです。

トルソワ選手の今現在の
身長や体重などを調べてみました!

トルソワ選手の年齢や出身などのプロフィールは?

名前  :アレクサンドラ・トルソワ
生年月日 : 2004年6月23日
年齢  :14歳
出生地  : ロシア リャザン
コーチ    : エテリ・トゥトベリーゼ
セルゲイ・デュダコフ
元コーチ : オルガ・シェフツォワ
振付師     : ダニイル・グレイヘンガウス
所属クラブ: サンボ70

トルソワ選手は、
平昌五輪金メダリストのザギトワらと
同じクラブで練習されています。

常にトップクラスの選手を見ているので、
高い技術を身に着けるのも
もはや当たり前の感覚なのでしょうね。

4歳から始めたのですが、
最初はご両親が教えていて、

小学校は昼間は練習があるので、
夜に通っていたんだとか・・。

ご両親はなんと、
仕事を辞めて練習に付き合っていたんだとか!
凄すぎる・・・!

トルソワ選手の高い技術とは?

トルソワ選手は、
アクセルを除く5種類の3回転ジャンプと、
トウループ・サルコウの2種類の
4回転ジャンプを跳ぶことが出来ます。

サラッと書いてますが、
4回転が跳べるってかなりの武器ですよね!

コンビネーションジャンプでは、

高難度の3回転ルッツ-3回転ループ
3回転フリップ-3回転ループ
3回転ルッツ-3回転トウループ
3回転フリップ-3回転トウループ
2回転アクセル-3回転トウループ

を成功させており、3連続ジャンプでは、

3回転ルッツ-1回転ループ-3回転サルコウ、
3回転フリップ-1回転ループ-3回転サルコウ

も成功させています。

セカンドジャンプにループジャンプを
跳ぶことが出来るため、
コンビネーションジャンプの
バリエーションが豊富なんですって!

ほとんどのジャンプを跳べる
ジャンプの天才なんですね!
そのうちトリプルアクセルも・・・・?

4回転が跳べるからトリプルアクセルも
簡単なのでは?
と思ってしまいますが、
アクセルジャンプは踏切が前向きで
独特なので難しいそうですね。

トルソワ選手の身長と体重は?

トルソワ選手は今年の3月の時点の
身長が148cm、体重が35㎏と言われています。

ロシアでは食事制限がスゴイなんて言う
話も聞きますが、
体操やスノボハーフパイプなど、

回転系の競技では、軽量で小柄のほうが
バランスが取りやすいのでしょう。

まだまだ成長期なので
過度な食事制限での体調不良などを心配される
声も聞かれますね。

スポンサーリンク

トルソワ選手のフィギュアの成績は?

トルソワ選手はこれまでに、

2018年世界ジュニア選手権の
フリースケーティングにおいても、
4回転トウループと4回転サルコウを成功。

ISU公式大会において、
女子で4回転サルコウを成功させたのは、
安藤美姫元選手に次いで二人目、
4回転トウループを成功させたのは史上初!!

更に1つのプログラム内で2度の
4回転ジャンプを成功させた最初の女子選手!!

この時のフリースケーティングにおける
技術点92.35点は、

平昌オリンピック金メダルの
アリーナ・ザギトワを上回る得点で、
女子シニアの世界最高得点をも
10点近く上回る点数なんですって!

4回転が跳べると
男子並みの得点が出ますね~。

身体が成長しても、バランスが崩れずに
ジャンプが飛べたら、
オリンピックの金メダルは確実ですね!

トルソワ選手の髪の長さがスゴイ!

トルソワ選手がスケートを始めたのは
2008年4歳の時からなのですが、

その時から髪の毛を切っていないのでは?
と憶測が広まるくらい、髪が長いです!

14歳の今現在は身長が148㎝で
画像では、お尻のあたりまで
隠れるほどの長さなので、

髪の毛の長さは約100センチは
あるのではないでしょうか?

トルソワ選手の4回転成功動画!

国際スケート連盟(ISU)公認大会では
女子で初めてとなる4回転ルッツに成功した
トルソワ選手。

これまでも4回転を跳んでいますので
その動画はこちらです!

2018年世界ジュニア選手権の
フリースケーティングで、
4回転トウループと4回転サルコウを
2本揃えています!

動画で確認いただけると分かる通り、
4回転以外のジャンプは後半に
まとめることで加点も加わるという構成で、
男子並みですね!

男子でもこの構成を演じ切るには
筋肉などがしっかりできてくる
10代後半以降といわれています。

トルソワ選手は13歳。

並外れた才能の持ち主であることだけでなく、
体がまだ成長しきっていないということが
この構成を可能にしているもかもしれません。

女性は 10代半ばでの体型の変化が大きく、
体重も増えるので、
高難度ジャンプはジュニア世代の女子
のほうが成功しやすいとも言われます。

しかし体型の変化を乗り越えて、
この先さらに4回転を成功させる
可能性もあり得ます。

見てみたい気もしますが、過度の体重制限で
健康を害しないことも祈りたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする