ハルさんの西荻窪の奇跡のカフェ!「りげんどう」のメニューや口コミは?

スポンサーリンク

ハルさんの休日で訪れた
東京の西荻久保の奇跡のカフェは、
「Re:gendo(りげんどう)」です!

築約90年の古民家カフェは、都会に残る
奇跡のカフェとして存在し、

このカフェにいると
時が止まったような感覚になるのだとか!

都会の真ん中でこの古民家カフェが残ったのは
なぜなのでしょうか?

「Re:gendo(りげんどう)」はなぜ西荻窪に?

http://www.shimanekan.jp/dining/5935.html

Re:gendo(りげんどう)を経営されているのは、
「株式会社 石見銀山生活文化研究所」という会社です。

この会社は、島根県大森町に
旅人同士が同じ食卓を囲む「暮らす宿 他郷阿部家」と
一棟貸しの宿「暮らす宿 只今加藤家」

という宿泊施設を構えています。

この宿は
築230年の武家屋敷を再生した宿で、

かつて日本一の銀産出量を誇った
石見銀山のふもと大森町にあります。

銀山として栄え、江戸時代の名残があちこちに息づく場所であり、
現代では少ない、
自然と共生した暮らしを楽しむ町だそうです。

いつでも帰ってきたくなるような
ホッと安心する、どこか懐かしい、
そんな宿では、

「暮らす」ということについての原点がよみがえります。

地域のつながり自然との関わりが
希薄になってきた今、
こういう原点に還る場所があると、
自分の暮らしの振り返りになりますね^^

ちなみに場所は、

【暮らす宿 他郷阿部家】
〒694-0305 島根県大田市大森町ハ159-1
Tel : 0854-89-0022【暮らす宿 只今加藤家】
〒694-0305 島根県大田市大森町ハ100
https://kurasuyado.jp/about

Re:gendo(りげんどう)はこの宿のオーナーの
松場大吉さんが、偶然見つけた築80年超の文化住宅でした。

空家になっているここの物件を見つけ、
数年かけて大家さんに頼み込んで、
借りることができたそうです。

改修は、すべて島根県の職人さんや大工さんが
泊まり込みで東京まで来て行い、
2011年9月にオープンしました。

上記の「暮らす宿」のコンセプトを引き継ぎ、
「復古創新」をテーマにしてお店作りがなされています。
Re:gendoのHPには、

今まで引き継がれてきた日本の暮らしの文化。
それは次の世代に伝えていかなければ、
失ってしまうものでもあります。

今をいきいきと楽しみながら、
古き良きものを活かし新しい価値を提案する。
そして残すべきものは残していく。
そんな受け継がれていく暮らしを提案するお店をつくりました。

https://www.gungendo.co.jp/pages/details/003102.php

とあります。

イタリアの漆喰やドイツの顔料など、
新しいものを取り入れ、

懐かしさの中にもに新しい空間をつくり上げ、
店内には、全国展開するアパレルブランド
「群言堂(ぐんげんどう)」の衣類や、

食器、机や椅子などのインテリアが販売され、
また、伝統を引き継ぐ味噌作りなどの
ワークショップを開催されたりと、

暮らしを豊かにする空間や時間を提供されています。

「Re:gendo(りげんどう)」の内観は?

りげんどうの建物は、
このような思いから作られています。

建物や場所との出会いも一期一会
これだと思うと、なんとか生かしてやりたいと思ってしまう。

島根の職人の技をこの家に吹き込んでみたい

次の世代に伝えたいのは
年月を経た素材であり、技である

http://iwamiginzan.sakura.ne.jp/nishiogi/?category_name=%e3%81%8a%e5%ba%97

窓に使用しているすりガラスや
漆喰(壁の上塗り)に使う材料は、

すべて島根県から持ってきたそうです!

またこんなレトロなストーブもあります。

http://iwamiginzan.sakura.ne.jp/nishiogi/?category_name=%e3%81%8a%e5%ba%97

店内の柔らかな日差しが
心地よく、ホッとする空間です。

https://www.gungendo.co.jp/pages/details/002402.php

テーブルには京都の伝統的な染め物、
京友禅の染め板を使ったもの

https://co-trip.jp/article/39090/

雑貨売り場には、お店で使用するのと同じ食器類や
選りすぐりの島根産食品が並びます。

https://kichijoji.keizai.biz/photoflash/430/

「Re:gendo(りげんどう)」の場所は?

Re:gendo(りげんどう)は、
西荻窪駅の南口から徒歩2分の場所にあります。

住所   :167-0054 東京都杉並区松庵3-38-20
TEL   :(03)5941-8664
E‐MAIL:info@re-gendo.jp
営業時間 :11:00~18:00
火曜日定休(祝日は営業)
お昼ごはん:11:00~14:30(L.O)
あまいもの:11:00~17:00(L.O)Re:gendoHP

「Re:gendo(りげんどう)」のメニューは?

ランチメニューは、和定食の

「にぎり膳」と

https://www.gungendo.co.jp/pages/details/003102.php

季節の野菜寿司 (五貫)は
ハルさんの休日ではるさんが注文していました^^

とっても可愛らしくてしかもおいしい!
見ているだけでも楽しいランチタイムになりそうです。

「むすび膳」の2種類です。

https://www.gungendo.co.jp/pages/details/003102.php

土鍋でふっくらと炊き上げられたおむすびと、
手作り味噌のお味噌汁は日本食の原点!

なぜ「おむすび」と「にぎり」なのかというと、

昔から病を治すことを「手当て」と言い、
また、神仏に祈るにも手のひらを合わせるように、
手のひらには巧妙なる力が宿っているという思いから、

「むすび膳」と「にぎり膳」は生まれたそうです。

おむすびだけでなくて、おかずも発酵と野菜というテーマで、
お店で醸したぬか漬けやお味噌を使ったり、
塩こうじを使って下ごしらえをしたり、
甘酒でつくったドレッシングを使っています。

お値段は1500円前後と、ランチとしては少々値がはります。

でもこれだけの内容の食事で満足感を得られるなら、
何度でも足を運びたくなりますね^^

またデザートもあります!

デザートメニューは毎月変わるようですね。

6月のデザートは、

和薬膳スイーツ
白きくらげと蓮の実のココナッツミルクプリン

抗酸化作用が高いココナッツミルクに、
肌を潤わせる白きくらげと胃腸の機能を高める
蓮の実等を合わせた美肌デザートです。

600円+税

https://www.gungendo.co.jp/pages/details/003102.php

岩塩のミルクアイスパフェ

岩塩のミルクアイス・白玉・寒天・自家製あんこ
さらに土鍋で炊いたご飯のおこげが入っています!

600円+税

https://www.gungendo.co.jp/pages/details/003102.php

スタッフ手作りの梅ジュースもありました。

スポンサーリンク

http://iwamiginzan.sakura.ne.jp/

7月頃に登場するようなので、
熱い季節にさっぱりとした梅ジュースはピッタリですね!

「Re:gendo(りげんどう)」の口コミは?

四月のお昼ごはん︎☺︎ *. ❁にぎり膳❁ ・季節の野菜寿司 ・豆腐、筍、うるいの葛餡 ・春の温野菜 新人参ソース ・新揚げじゃがのはちみつ煮 ・本日の豆料理 ・お味噌汁 ・ぬか漬け *. 2階席に案内していただきました♪ ・ 旬の素材が盛り込まれたお食事❀ 素敵な器に綺麗な盛りつけで 見ているだけで癒されました ( ˊᵕˋ ) 野菜にぎり 可愛らしくて♡♡ ひとつひとつ味わって いただきました◡̈♥︎ ・ 優しい味付けで どれも本当に美味しかったです*・。◎ ・ 窓から吹き抜ける風が 何とも心地よい◌ ͙❁˚ ホッとする ごはんタイムになりました(⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝) ・ #regendo#リゲンドウ#四月のお昼ごはん#にぎり膳#旬素材#和食#お昼ごはん#ランチ#古民家カフェ#西荻窪#西荻窪カフェ#カフェ#cafe#カフェ巡り#カフェ好き#西荻窪カフェ巡り#西荻窪さんぽ#ホッとごはんタイム

⚮̈наru゚*・。⚘さん(@51haru24)がシェアした投稿 –

ようやく行けた…!

Riekmrさん(@sweetboule)がシェアした投稿 –

食後のデザートも😋 #食後のデザート #プリンアラモード #りげんどう

etsukoさん(@etsukoa45)がシェアした投稿 –

バナナとイチジクのケーキと豆乳

Yusuke inabaさん(@inabausk)がシェアした投稿 –

写真を見ているだけでも癒されますね~^^

日本に伝わる昔ながらの暮らしの風景や文化を、
再び伝えていくという役割から、

Re:gendoのReにはそういう意味があるのですね!

是非一度足を運んでみてくださいね^^

スポンサーリンク