荒木優花はグリル佐久良のシェフ!お店の場所やメニューと口コミや年収は?【セブンルール】

スポンサーリンク

セブンルールに出演の荒木優花さんが
シェフを務めるお店は
「グリル佐久良(さくら)」で、
浅草の人気老舗洋食店なんですね^^

22歳の若さで祖父のお店だった
「グリル佐久良」を継いだ荒木優花さんは、
祖母と共にお店を切り盛りされています!

おじいちゃんっ子だった荒木優花さんが
祖父の味を見事に再現したお店の場所やメニューと
口コミを調べてみました!

荒木優花さんの年齢や調理学校などのプロフィールは?

名前 :荒木優花(あらきゆうか)
生年 :1988年
年齢 :30歳
出身 :東京都
職業 :グリル佐久良のシェフ
荒木優花さんは、
おじいちゃん子で、祖父の富樫正和さんとや祖母の幸枝さん夫婦が
続けてきたお店「グリル佐久良」を遊び場として
育ってきました。
成長と共に、自然と料理を覚えていった
荒木優花さんは、高校卒業後は
料理人を目指して調理師専門に入学。
卒業後は、自分の意志で
祖父が営む「グリル佐久良」で料理人としての
修行を始めました。
大好きな祖父と一緒に厨房に立ち、
修行をされていた矢先の2011年、
荒木優花さんが22歳の時、
祖父の正和さんが急逝し、代わりに
荒木優花さんが厨房に立つことに。
しかし、昔から祖父の料理する様子を
見ていた荒木優花さんは
この時にはすでに祖父のレシピをほぼ
完璧にマスターされていたといいます!
大好きなおじいちゃんの背中を無意識にでも
しっかりと見ていたんですね。
幼いころからいつかは自分も
おじいちゃんのようになりたいと
憧れ&尊敬されていたのでしょう。
そうでなければ、
約30種類もあるメニューを2~3年で
マスターできなかったと思います。
今現在、一緒にお店を切り盛りしている
祖母の幸枝さんは、正和さんが亡くなり、
孫の荒木優花さんが「グリル佐久良」を
継ぐと言ってくれた時、
それは嬉しかったのだそうです!
今では店のメニュー約30種類を全て1人で作り、
看板料理のビーフシチューは、
創業当初からのデミグラスソースを注ぎ足して使い、
素材にこだわって一切手を抜かなかった
祖父の味をしっかりと再現し、
守り続けています。
接客を担当する78歳の祖母・幸枝さんは
お客さんと言葉を交わし、店を盛り上げており、
幸枝さんと荒木優花さんは日々けんかも
絶えないようですが、
互いに言いたいことを言い合う、
絶妙なコンビネーション!
さすが、小さい時から
ずっと一緒にいるだけありますね!
祖母と共に二人三脚で店を切り盛りする
様子も何だかほのぼのしそうで、
お料理以外にも癒されそうですね。

グリル佐久良の歴史は?

『佐久良』はかつて浅草花柳界の通人が
通った洋食の名店で、
『グリル佐久良』は、その『佐久良』で
修行を積んだ荒木優花さんの祖父の
富樫正和さんが昭和42年に暖簾分けを
許されオープンしました。
http://www.ntv.co.jp/burari/050409/info02.html
店の表にかかる『御座敷洋食 佐久良』
の看板は昭和44年に本店が閉店した後に
もらい受けたもの。
歴史ある名店を荒木優花さん受け継いだ
ということで、
いろんなプレッシャーがありそうですが、
頑張ってほしいですね^^

荒木優花さんのお店!グリル佐久良のメニューと値段!

グリル佐久良は老舗の洋食店。

特に有名なのは、この3つ!

ビーフシチュー
カツサンド
カニクリームコロッケ

老舗の歴史を大事にしてきた
品の良い味でおすすめです^^

それぞれのメニューについて、
詳しく調べてみました!

ビーフシチュー

Twitterより出典

信州牛のバラ肉を1週間かけて作る
特製デミグラスソースで煮こんだ逸品。

濃厚でコクがありますが、
さらりとした口当たりのデミグラスソースと、
溶けるほど柔らかな牛肉を楽しめます。
ビーフシチュー2400円

カツサンド

https://blogs.yahoo.co.jp/torutorusantochan/14584849.html

肉汁が損なわれず、ヒレ肉の上質の風味が堪能
できるカツサンドは、
1日に100人前以上が出たという本店仕込みの
正和さん自慢の一品だったそうです!
カツサンド1450円

スポンサーリンク

カニクリームコロッケ

http://blog.livedoor.jp/furutone-ver2/archives/6035835.html

なめらかでコクのあるベシャメルソースに
旨みのあるズワイガニと食感のある
タラバガニをたっぷりと。

粗めのパン粉を使用し、
低めの温度でじっくり揚げ、
焼き色は付けすぎないのが佐久良流です^
カニクリームコロッケ1800円

その他にも約30種類のメニューがあります!

豚ヒレ一口カツ   2000円
ポークソテー    2200円
グリルチキン    1600円
ハンバーグステーキ 1400円
タンシチュー    2400円
ミックスフライ   2100円
ハヤシライス    1600円
ライス       300円

やや高めの値段設定ですが、
素材にこだわって作っていますし、
老舗洋食店ですので、
これくらいが妥当かと^^

セブンルール予告でも
出演者の若林さんも絶賛されていました!
ちなみにお酒も置いているようですね。

ビール(中瓶)   600円
焼酎:ボトル    3000円~
ワイン:ハーフボトル 1500円、
ワイン:ボトル    3000円~
ウイスキー:シングル 400円
ウイスキー:ダブル  600円

荒木優花さんのお店!グリル佐久良の場所は?

お店は浅草寺の裏にひっそりと
佇んでおり、
窓辺にはきれいなお花が飾られています

グリル佐久良(さくら)
【住所】
東京都台東区浅草3-32-4【営業日】
月・水~金・土・日【営業時間】
ランチ11:30~14:00
ディナー17:00~20:30【定休日】
火曜日と第2・第4水曜日
(祝日は営業・要確認)【アクセス】
つくばエクスプレス・浅草駅から徒歩7分
東京メトロ銀座線・浅草駅から徒歩8分
東京メトロ銀座線・田原町駅から徒歩13分【電話】03-3873-8520

https://hanako.tokyo/shop/19476/https://hanako.tokyo/shop/19476/

店内の奥には4名用と5名用のテーブル席があり、
ファミリーで利用する客が多く、

入ってすぐの場所にあるカウンター席は、
おひとり様やカップル客で賑わうそうです。

荒木優花さんのお店!グリル佐久良の評判は?

荒木優花さんの年収は?

祖父から引き継いだ
老舗洋食店の味を見事に再現し、
これまで同様、地域の方々においしい料理を
提供してきた
荒木優花さん。

そのお店の売り上げなどは
個人経営なので当然分かりません・・。

同じく老舗と言われてている
お店の創業56年の老舗洋食レストラン秋葉本店の
店長候補の年収が

29歳(料理長):年収650万円
38歳(料理長):年収750万円

でした。

グリル佐久良の口コミがすごく
評判がよいので、

お客様に老舗洋食店の変わらない味を
提供するために、
やはり素材を厳選したものを使っているのでしょう。

メニューはやや高めですが、
それだけ良い素材なので、
利益が少ない可能性もあります・・・。

おじいちゃんの味を守る・・・。
そのことをまずは優先されているでしょう。

お二人で切り盛りされているので、
健康に気をつけて支え合って頑張ってほしいですね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする