川谷萌(メガネ職人)のオーダーメイド眼鏡の価格は?お店の場所や評判と師匠は?

スポンサーリンク

川谷萌さんは、
めがね舎ストライクというめがね屋さんで、
オーダーメイド眼鏡を作る眼鏡職人です!

オーダーメイドの眼鏡って
作ったことがないのですが、
その価格や評判も気になるところですね^^

川谷萌さんは、
眼鏡職人になってまだ2年ほどなのですが、

普通は分業で行う20以上の工程を
たった1人でこなし、

さらに
革新的なアイデアでメガネ業界に新たな風を
吹き込む新星と言われています!

どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

川谷萌の年齢や出身などのプロフィールは?

http://meganeya-strike.com/about

名前  :川谷萌(かわたに もえ)
生年月日:1982年
年齢  :36歳
出身  :兵庫県神戸市
職業  :眼鏡職人

眼鏡屋さんで働く方たちは、
自分に似合うめがねをよく知っているから
でしょうか、
眼鏡美人が多い気がします^^
川谷萌さんもすごく眼鏡が似合っていますよね!

そして話していると、
眼鏡が好きというのが、何となく
伝わってくるんですよね^^

川谷萌さんは、
眼鏡好きが高じて眼鏡職人になり、

完全オーダーメイドで“誰にでも似合うメガネ”を
生み出す若き匠とまで呼ばれるようになりました。

どんな経歴の持つ方なのでしょうか?

川谷萌の経歴は?

川谷萌さんは兵庫県生まれの36才です。

子供のころから眼鏡を使っていたわけではなく、
初めて眼鏡をかけたのは、
大学生のころでした。

初めておしゃれのためにかけたところ、
眼鏡の魅力・その造形に惹かれ
大学卒業後、2005年にメガネ店に就職し、

2006年にはポーカーフェイス神戸店に入社。

こちらのお店は、国内外の人気ブランドから
希少性の高いハンドメイドフレームまで、
上質な商品を取り揃えたお店で、

店員さんのクオリティも高いと
評判の会社でした。

2010年には今の勤務先である
めがね舎ストライク代表の
比嘉大輔さんの会社
HIGAMEGANE(株)に入社されています。

比嘉大輔さんは、川谷萌さんがかつて勤務
されていたポーカーフェイス神戸店での上司で、
認定眼鏡士SS級の資格を取得されています。

専門知識に裏づけされた検査や
フィッテイングを実践されている、
眼鏡のスペシャリスト!なんですって!

比嘉大輔さんが、HIGAMEGANE(株)を
立ち上げ、独立するタイミングで川谷萌さんも
入社したんですね^^

そのころはまだ眼鏡の販売員だった川谷萌さん。
比嘉さんからの声掛けがあったのでしょうね。

HIGAMEGANE(株)に入社した川谷萌さんは、
2013年頃から、手作りの眼鏡に興味を持ち始め、

メガネ作りの本場である福井県・鯖江市の職人
の元、2015年から1年間修業をされています。

そして、2016年、

比嘉大輔さんが新しく立ち上げた眼鏡店
「めがね舎ストライク」で職人として
眼鏡製造に必要な機械を
一式揃えるところから始まり、
職人として出発されています!

眼鏡職人としてはまだ2年程の経験ですが、
完全オーダーメイドで顧客に合ったメガネを
生み出し、

通常は分業で行う20以上の工程をたった1人でこなしていき、
革新的なアイデアでメガネ業界に新たな風を吹き込む新星
と言われる実力が備わっています!

2017年には「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」という
全国から選出した若手職人らのものづくりを
支援するプロジェクトで、

公募に応募したところ、
見事に兵庫県代表の匠に選出されています。

廃レコード盤から眼鏡を作った川谷萌さんの
作品がこちら!

http://meganeya-strike.com/archives/193

フレーム表面にレコードの溝が見えますね。
側面もレコード盤が使われており、

大切なレコードが擦り切れて聴けなくなった
場合に持ち込みで作成できるようです!

思い出が眼鏡となり、残されていく・・・。

「眼鏡で人を幸せに出来たら・・・。」
と語る川谷萌さんは、
物つくりから人の幸せ作りにも関われる
素敵な眼鏡職人さんです^^

また、ちょっとした形の違いで、
使い心地や目への負担も随分変わる眼鏡ですので、
作るにあたっては、

かなり繊細で慎重な作業が必要なことと
思います。

妥協せず、依頼された眼鏡を
とことん極めて作る職人としての
川谷萌さんの姿はカッコイイですね!

川谷萌が勤めるお店はどこ?

http://meganeya-strike.com/

「めがねにとことん真っ直ぐでいよう!」

「もう一度、この国を、めがね文化のど真ん中へ」

という想いを込めて名付けられた
めがね舎ストライク。

工房には工作機械などで約1千万円を投じたそうです!

その人にとって
どストライクなフレームと出会えた時は
嬉しいですし、

川谷萌さんも職人として
これ以上の喜びはないでしょうね!

全国でも珍しい工房を併設した店舗では
体験・ワークショップなども行われており、

神戸の眼鏡作りの拠点として
文化を広げていこうとされています。

そして、お店のHPを見ると
メンバー限定のラウンジ
「BARストライク」があることを
発見しました。

View this post on Instagram

めがね舎ストライクさん(@meganeya_strike)がシェアした投稿

本格的なバーカウンター(9席)を併設し、
毎週月曜日の夜、20時から26時には
バーとして営業しているようです。

オーダーは敷居が高いので、
バーで打ち解けてもらえればとの
思いで開店されたようですよ^^

場所はこちら!

三宮駅を降りて少し歩いたところにあります。

めがね舎ストライク
めがね舎ストライク
住所:650-0004
神戸市中央区中山手通2丁目13-8
エール山手ビル 2F
電話:078-222-9889
HP:めがね舎ストライク

川谷萌の作る眼鏡の価格や評判は?

昼間は販売員として働き、
夜は職人修行と寝る間を惜しんで
作業をしていた時期や、

眼鏡作りの事で散々話をして
壁に直面し途方に暮れ、
泣きながら作業を繰り返した日々を乗り越え、

めがね職人になった川谷萌さんの
作る眼鏡の価格が気になりますね!

オーダーメイドというのは
和声英語で、

「ビスポーク」
「カスタムメイド」というのが

本来の呼び方なのだとか。

めがね舎ストライクでは、
「ビスポーク」
「セミビスポーク」

の2段階のオーダーシステムのようです。

「BESPOKE(ビスポーク)」

「BESPOKE(ビスポーク)」は、
お客様との話の中から、
その人にふさわしいメガネの形を
設計していきます。

オーダー靴やスーツなどでも
このやり方がありますね^^

山口千尋さんは、本場イギリスで認められた 手製靴の技術をもち、強烈なこだわりがある靴職人です! ギルドオブクラフツを設立し、...

お客様との対話からその人柄、個性を引き出し、
似合うデザインを想像していくのですから、

職人でありながらも
優れたコミュニケーション能力が
求められそうですね!

川谷萌さんは
めがね職人としてのスキルもさることながら、
コミュニケーションを大切にしています。

ですので、
2年前に職人になったばかりですが、
評判の良い、お客様の要望に沿った
めがねを作製できるのですね!

川谷萌さんの「BESPOKE(ビスポーク)」
の眼鏡は、様々な工程を踏んで、
お渡しは約1か月ほどだそうです。

「SEMI BESPOKE(セミ ビスポーク)」

「SEMI BESPOKE(セミ ビスポーク)」は、

フロントやテンプルのかたち、
生地の色や仕上げ方など

約80種のデザイン、
40種のカラーバリエーションからなる

約16万通りを
超える組み合わせの中から
お客さんにふさわしい1本を見つけていく
という方法です。

店内にあるオリジナルサンプルを見て
決めても良いですし、

サイズなども
自分仕様に調整してくれるんだそうです。

めがね舎ストライクのスゴイところ!

両目の距離や目の大きさ、眉の太さ-で、
眼鏡と顔の印象は大きく変わり、

スポンサーリンク

完全に納得して眼鏡を買う客が少ないという
比嘉さんの販売の経験から、

顔を立体的に再現する最新の
3Dスキャナーと3D切削機などを導入!

同時に人の手でしかできない
細かい手入れが施された
顧客に「ストライク」な一品を提供していただけます!

自分のサイズに修正していくこの眼鏡は、
ピッタリな眼鏡に仕立てあげられますので
一生ものになりますね!

こんなにだくさんの中から選べるのですね~。

View this post on Instagram

セミビスポークのサンプル 20型各3サイズを用意しています。 眼鏡を選ぶ際にサイズ感が一番大切です。 しかし、既製品のほとんどがサイズが一つしかなく、気に入ったデザインがお客様の顔サイズにぴったり合うのはなかなかないのです。 眼鏡店で眼鏡を選ぶ事はMサイズしかない服屋で買い物するのと変わらないと言っても過言ではないかな、と思います。 気に入ったデザインを自分のサイズでかける、そんな当たり前の事を広めていきたい、ストライクです。 #めがね舎ストライク #ビスポーク #セミビスポーク #神戸北野 #ハンター坂

めがね舎ストライクさん(@meganeya_strike)がシェアした投稿 –

気になる価格は、
セミビスポークで43,200円(税込)。

その上のオーダーの完全ビスポークは
値段ははっきり記載されていなかったのですが、
二倍くらいするのでしょうか?

さらにそこにレンズを入れると・・・・?
7万円以上はしそうです。

靴やスーツもオーダーメイドすると、
かなりの金額ですから、
このくらいはかかるのでしょうね!

でも「自分だけの眼鏡フレーム」は
本当にかけていても疲れないですし、
ストレスフリーで、
掛けるのが嬉しくなっちゃいますね^^

その他、

こんな個性的なデザインなども
ありましたよ~^^

メガネの製造というのは、同じ図面、同じ素材でも
作る人によって全然雰囲気が変わって
出来上がるのだそうです。

川谷萌さんに作ってもらったメガネは
どんなメガネになるか楽しみですね^^

川谷萌の師匠は雨田大輔氏!

川谷萌さんは眼鏡職人になる為に
めがねの製造日本一、シェア率90%の
福井県鯖江市にいきました。

そこで教わったのは雨田大輔氏。

https://magazineworld.jp/popeye/popeye-editors-827-1/

雨田大介氏は
眼鏡好きが高じて鹿児島から福井県鯖江市に移住。
7年間の修行を経て、

2014年に「MEGANE ROCK」という
ブランドを立ち上げ、
デザインから製造、販売まで一人でされており、
ほとんどの工程をお一人でされている方です。

http://www.meganerock.com

川谷萌さんは、分業制が常の眼鏡の製作の中で、
最初から最後まで自分で仕上げますが、
それは師匠である雨田大輔さんの教えでしょう。

また、

『眼鏡をもっと楽しんでほしい』という遊び心が、
デザインから溢れていて、

比嘉大輔さんや、川谷萌さんの
めがねで人を幸せにしたいという
想いに通じるものがあるのは、
やはり師匠からも感じられます。

川谷萌さんの彼氏は?

番組の予告からも彼氏がいることが
分かっている川谷萌さん。

ジャンルは異なるようですが、
川谷萌さんと同じく「ものづくり」の世界に
携わっており、現在は同棲中です。

物つくりと言えば、
靴の分野ではこの方が有名です!

山口千尋さんは、本場イギリスで認められた 手製靴の技術をもち、強烈なこだわりがある靴職人です! ギルドオブクラフツを設立し、...

川谷萌さんの年齢的にも、もうすぐ
結婚かも?とも思いましたが、

同じモノづくりをする人間の厳しい指摘が
あるようで、職人として歩み始めたばかりの
川谷萌さんはある程度自分が納得できるまで
めがねづくりに専念しそう・・・

と勝手に予想してしまいました。

同じ職人だからこそ、恋人だからこそ、
敢えて厳しい言葉を掛けられるのでしょう。

お付き合いして何年かは不明ですが、
遠慮なく意見できる関係っていいですよね^^

まとめ

「自分でなければ作れないメガネを作りたい」

「私が作ったメガネをかけたいと
思ってくれる人が一人でも多く増えるように」

すごく眼鏡愛が深く、
眼鏡を通してお客様に幸せになってもらいたい
と願う川谷萌さん、素敵な女性ですね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする