牟田都子(むたさとこ)の年収や年齢と結婚した夫は?校閲者の資格は?

スポンサーリンク

校閲者として優秀な牟田都子さんは、
作家の方から会いたいと言われる実力の持ち主で、
その仕事内容は実に丁寧!

牟田都子さんのような校閲者になる為の
特別な資格や学歴などは無いそうですが、

圧倒的な知識量と経験があり、
1冊の本では30冊以上の本を調べるとのこと。

知識も大事なのでしょうが、
真面目に取り組む人間性や粘り強さなども
問われそうなお仕事ですね。

牟田都子さんの年齢や結婚した旦那様について
調べてみました^^

牟田都子さんの大学や出身などのプロフィールは?

http://ox-tv.jp/sys_hensei/smp/details.aspx?pno=2289

名前 :牟田都子(むたさとこ)
生年 :1977年
年齢 :40歳
出身 :東京都杉並
大学 :和光大学人文学部文学科卒業
職業 :校閲者(総合出版社勤務&フリー)
趣味 :読書・マラソン

牟田都子さんの出身大学は、
和光大学人文学部文学科です。

タレントの高見恭子さんや、
スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんも
卒業されていました。

校閲者という仕事なので、
学部はやはり人文学部文学科です。

しかしながら、趣味は読書の他に、
マラソンだそうで、
意外なスポーツも楽しまれているんだなと
思いました。

牟田都子さんの経歴は?

和光大学人文学部文学科卒業後、
図書館司書になった牟田都子さんですが、

接客業が苦手で、ご両親と同じ校閲者を
目指し、大手総合出版社の校閲部に勤務されました。

図書館秘書と言えば、
規模にもよりますが、
一日に何十人もの人が訪れますし、
年齢層も幅広そうですね。

元々学生時代から
人付き合いが苦手で本ばかり読んでいたということで、
本が好きだったのでしょうね^^

そこで、
図書館に勤務されたのでしょうが、
以外にも接客が多くてビックリしたのでしょう。

現在は月の前半は大手出版社の校閲部に勤務し、
文芸誌やノンフィクション担当され、

後半はフリーランスで小説やエッセイ、
ノンフィクションの校閲を引き受けているそうですよ。

牟田郁子さんは校閲の仕事について、

経験がモノを言う仕事なので、
やればやるほどスキルはあがっていきますが、
私はまだまだです。

いくらやってもやりきれない。

いつまでみても間違っていないか不安だし、
終わりがない仕事なんです。

でも校正した部分に著者の方が
どう反応されるかとか、
舞台裏をみられるのがとても面白いところだと思います

http://ilove.cat/ja/17950

と語っておりました。

また、
一人で栞社(しおりしゃ)校正室を主宰しており
「校正ナイト」などのイベント主催も行なっています。

校正ナイトには、
校正・校閲のお仕事をされている方や、
目指している方が集まり、

トークをするイベントです。

ちょっとマニアックですが、
すぐに会場は定員になるそうです!

独特の質問がまたおもしろく、

質問者:「好きな誤植(タイプミス)はなんですか?」

校正者:
僕は、ひらがなをカタカナに間違えているのを
発見するのが好きなんですよ。
「り」と「リ」とか、「か」と「カ」とか。

牟田さん:
ああ、そういう意味では、私は正字に直すのが好きです。
正字というのは漢字の字体のことで、

たとえば、「辻」という字は
「しんにょう」に点が1つのものと2つのものがありますが、
2点の方が正字とされています。

出版社によっても違いますが、
私の勤める出版社では正字を使うと決められています。

そういう字は、
迷わず赤字を入れられるので好きです。

http://dotplace.jp/archives/18990

非常に細かいことまで
話しておりました!

質問者:
「この文字を使う」とか「この漢字はひらがなにする」
といった約束事は、どういうふうに決まっているんですか?

牟田さん:
雑誌なら雑誌ごとの方向性はありますね。
私の担当している文芸雑誌では、
数字は漢数字、とか。

でも、基本的には1本の記事、
1本の小説、1本の連載の中で揃っていれば
よしとすることが多いです。
出版社全体で揃えてはいないです。

会社の表記ガイドラインが載っている
ハンドブックがあるので、
基本はそれに沿うかたちで、

運用は媒体ごと・著者ごとに決めていきます。

http://dotplace.jp/archives/18990

とてもマニアックですが、
校正・校閲のお話って中々聞かないので、
こういうお仕事をされていない
一般の方でも興味があれば楽しめそうですね!

最近では2018年の3月に
荻窪にある ブックカフェ ・ 6次元で
「 校正ナイト 」が開催されたようです。

今後は牟田都子さんのTwitter栞社校正室HP

@6次元さんのHPで告知があるかもしれません。

牟田都子さんの資格や仕事内容は?

牟田都子さんは校閲者ですが、
校正と校閲は違うのでしょうか?

「校正」は、よく聞くように、
誤字や脱字などを正すことで、

本を出版する前に、作家が書いた原稿(ゲラ)を
確認します。

校閲とは、文書や原稿などを読み、誤字・脱字に
とどまらず、内容の正誤や適否を確認する作業のことで、

内容の矛盾や表現の誤り、
事実関係の誤りなど、
原稿の内容に間違いがないか確かめるのだそうです。

作家さんが書いた文章のウラを取る?
ようなイメージでしょうか?

スポンサーリンク

特に資格等は必要ないそうですが、

豊富な知識があるほうがやはり
仕事をする上では有利でしょうね。

校正士の技能試験もありますが、
校閲者になる為に必ず必要となる資格ではありません。

実務経験や言葉の知識量、
何よりも丁寧さが重要なお仕事のようです。

実際にこんな例がありました!

「まぶしいほどの月光が射し込んできた」
という描写に対して、

この物語の舞台の2012年の6月9日の月齢を調べ、
満月と下弦の間ということや

気象庁の過去の気象データベースを見て、
この日は雨じゃなかったかどうかも見て、
校閲しているのが話題になったそうです!

こんな風に事実と異なっていないか、
調べているんですね!

これはただの本好きでは出来ないですね。
鋭い観察眼と責任感、プロ意識がないと、
ここまでの仕事はできません。

牟田都子さんも、一冊の本を担当して
時には30冊もの本を調べることもあるそうです!

さらに、
仕事で毎日だいたい10時間から12時間くらい、
「ゲラ」という本になる前の校正用の
刷り出しを読んでいるそうです。

そこから、
自宅でも趣味で読書をされるとのことで、
これまでに1000冊以上もの本を読んできています!

牟田都子さんの結婚した旦那や子供は?

牟田都子さんはご結婚されています。

なんと旦那様も校閲者とのこと!

牟田都子さんが校閲者として
勤務されたのが30歳頃なので、

このころに職場で知り合って、
ご結婚されています。

http://ilove.cat/ja/17950

さすがに家では新聞や書籍に
鉛筆を入れて校閲することは無いそうですが、

同じ職業として
分かりあえることは多いので、
心強いそうです!

ご両親も校閲者ですので、
夫婦・家族で共通の話題があり、
悩みや苦労も分かち合えるので、良いですね^^

ちなみに旦那様は、
ドラマ「校閲ガール」で石原さとみさん演じる
主人公が憧れるファッション誌の校閲の経験があるそうです。

そして、現在のところ、牟田郁子さんに
お子さんはいらっしゃいませんが、

猫が2匹いて、牟田都子さんは、
お母さん的な役割をされているそうです^^

ランコントレ・ミグノン(保護動物の里親を
見つける活動をしている団体)を知った牟田郁子さんは、

猫の「みたらし」を引き取り、
その2年後に、譲渡会でみかけた
猫の「ゆきち」を引き取ったのだそうです。

こちらは「ゆきち」

mbb6e3f64380d

旦那様は犬派とのことですが、
牟田郁子さんの猫と一緒に暮らしたいという
強い願望で、承諾され、
今では猫も大好きになったそうです^^

牟田都子さんの校閲者としての年収は?

大手出版社の正社員の初任給は、
およそ25万円前後で、勤続年数によっては
年収は1000万円近くになることもあるようです。

校閲プロダクションの正社員では年収300~400万円

フリーランスの校閲者では、
1文字あたり、0.5円~10円と、
能力や実務経験によって幅があります。

やはり大手の出版社や新聞社などでは、
企業自体が大きいので給与体系も中小企業と比べると、
収入は高くなる傾向があるようです。

牟田郁子さんは、総合出版社とフリーでも
校閲の仕事をされていますので、
年収は500万以上はあるのではないでしょうか?

まとめ

出版される本は牟田都子さんのような校閲者
によって、しっかりと責任をもってチェックされて
いるんですね。
世の中に正しい情報が提供できるように
神経を使う大変お仕事をされている牟田郁子さん。

お風呂の中でゆっくり読書するのが
一番の癒しということで、
本当に本が好きなのですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする