中田久美の夫や子供と年収は?現役時代の経歴や成績と若い頃のモデル画像!

スポンサーリンク

中田久美監督は現役時代、
天才セッターと呼ばれ、

史上最年少の15歳でバレーボール
女子日本代表に選出されています!

一流のプロの仕事を徹底的に掘り下げる
NHKのドキュメンタリー番組
「プロフェッショナル 仕事の流儀」。

仕事の流儀にはその人の生き方が
現れると言われ、

番組で取り上げられた沢山の方々
の生き方は、多くの視聴者に勇気と
感動を与えてくれています。

今回は10月15日放送回で密着する、
バレーボール女子日本代表監督である
中田久美さんについて紹介していきます。

2016年10月にバレーボール女子
日本代表監督に就任した中田久美さん。

「天才セッター」の異名を持って
知られたあの有名な中田久美さんの
代表就任とあって、
大きく話題を呼びました。

今回はそんな中田久美さんの
バレーボール選手としての現役時代の
経歴や成績、現役引退後の若い頃の
中田久美さんのモデル時代の画像や、

結婚相手である夫や子供など、
私生活についても詳しく調べてみました。

中田久美の年齢や高校などのプロフィールは?

中田久美

名前:中田久美(なかだくみ)
生年月日:1965年09月03日
年齢:53歳
高校:NHK学園高校(通信制)
大学:進学せず
職業:元バレーボール日本代表、
指導者、タレント、スポーツキャスター、
バレーボール全日本女子監督

現在53歳ですが、
スラっとしたスタイルなので、
年齢よりも若くみえますね^^

若い頃のファンもたくさんいるのでしょうが、
試合中の真剣な表情が
クールでカッコイイと評判ですね。

中田久美の経歴やバレーの実績は?

中学入学時に母親の勧めでバレーボール
部に入部した中田久美さんは、

なんとわずかその1年後、
15歳1カ月の時に史上最年少で
全日本女子代表選出されています。

卓球選手の福原愛さんが3歳で
卓球を始めたように、

スポーツ選手はかなり幼いころから
英才教育を受けているイメージが
あるのですが、

中田久美さんは中学時代に部活で
バレーボールを始めており、

はじめは「普通の中学生」だったようです。

しかし優れた身体能力を持っていた
中田久美さんは、めきめきと
頭角を現していきます。

監督に才能を見抜かれた中田久美さんは、
中学校2年生の時に英才教育バレーチーム
「LAエンジェルス」に入団して
本格的にバレーを始めました。

そしてリーグ1年目にして日本リーグ
史上初全勝優勝に大きく貢献し、
中田久美さんの名前は全国に知れ渡りました。

そこから中田久美さんのバレーボール
漬けの生活がスタートします。

バレーボールに専念するために
高校は通信制のNHK学園高校に進学し、

卒業後は大学には進学せず強豪チーム
である実業団の日立へ進み、
女子バレーボール界を牽引してきました。

その後も中田久美さんは女子バレー史上
初めて3回連続でオリンピック出場を
果たすなど、

全日本女子チームの司令塔として
長く活躍してきました。

中田久美の監督になってからの成績は?

中田久美さんは現役引退後バレーボール
の解説やキャスター、
コメンテーターとして活動をしていましたが

ストイックな中田久美さんはなんと
イタリアに渡りコーチ術も学んでいます。

コーチ術を学んだ中田久美さんは一念発起し、
日本人として初めてイタリアでセリエAの
1部リーグのコーチに就任しています。

イタリアで4年間のコーチ修行を積んだ後、
2011年には帰国して
全日本女子バレーボールユースチームの
コーチや

久光製薬スプリングスのコーチに就任しています。

そして監督就任1年目にして久光製薬を
リーグ戦、全日本選手権、全日本男女選抜
の3冠に導いています。

監督としても数々のタイトルを
総なめにした中田久美さんはその手腕を買われ、

2017年から、日本では女性として2人目となる、
全日本女子代表監督に就任。

日本バレーボール協会の理事会で
中田久美さんは満場一致での選出だった
と言われており、

いかに中田久美さんが周りから
信頼されているかが伺えます。

中田久美さんが監督として就任した
1年目の女子日本代表チームの成績としては、
トータルで15勝6敗の成績だったようです。

1年目としては上出来ではないでしょうか。

指導としてはストイックで厳しいながらも
コミュニケーション力に定評のある
中田久美さんなので、

これからさらにチームとして結束力
を高めていけば、
確実に成績はついてくるでしょう。

女子日本代表が2012年の
ロンドンオリンピックで28年ぶり
となる銅メダルを獲得したことは
記憶に新しいですが、

それ以降はなかなか実績を残せず
低迷期に入っていたこともあり、
なにかと話題になることも多くありました。

長きにわたりエースとして活躍してきた
木村沙織さんの引退など世代交代も
すすんでいるバレーボール女子日本代表
ですが、

中田久美さんが監督になり心機一転、
2020年の東京オリンピックに向けて
これからますますの活躍が期待できそうです。

中田久美のモデル時代画像

バレーボール現役時代から美人選手
としても注目を集めていたという中田久美さん。

現在53歳になる中田久美さんは、
年齢を感じさせず今もなお若くて綺麗ですよね。

そんな中田久美さんは長身でスラリとした
体型とその美貌から現役時代から注目度も高く、

スポンサーリンク

引退後には引く手あまたで周りから
自然と声がかかり、
モデルとして活動していた時期もあったそうです。

そんな中田久美さんの若い頃の画像がこちらです。

現在もとても綺麗ですが、
この画像を見れば若い頃の中田久美さんが
かなりの美人で人気だったと言われているのも
納得できます。

そしてなんと33歳の時には
セミヌード写真集まで出しているようです。
モデル時代の画像がこちらです。


もちろん普段の化粧をしていない
中田久美さんも綺麗ですが、

このようにモデル時代の
クールビューティーな中田久美さんも
とても素敵ですね。

モデル時代には写真集まで出していた
というそんな衝撃のエピソードもある
中田久美さんですが、

軽い気持ちでモデルとして活動し
始めたものの、

バレーボールだけでなく私生活でも
ストイックな性格を発揮していた
中田久美さんは、

モデル時代には5日で5㎏落とすなど
極限までダイエットをしていた
時期もあったと言います。

さすがストイック、中田久美さんだから
こそなせる業なのでしょうが、

そんな生活を続けることで
体を壊す寸前までいってしまったそうで、

それは自分らしくないということで
モデルとしての活動にピリオドを
打ったと言われています。

自分らしくあるためにモデルを
引退したという中田久美さん。
引き際も素敵ですね。

中田久美の年収は?

中田久美さんの年収について
調べてみると、

ネット情報では年収1500万円程度
ではないかと言われているようです。

サッカーのJリーグ監督の年収が1億円程
と言われている世界なので、

そこと比較してしまうとそこまで
給与水準が高いとは言えないのかも
しれませんが、

年収1000万越えなどなかなか達成
できるものではないので素直に素晴らしいと言えます。

さらに中田久美さんはテレビ出演など
もしていることを踏まえると
もう少し年収があるのではないかと
予想されます。

また、監督に就任後も女子日本代表
チームとして順調に実績を残している
中田久美さんなので、

これからどんどん昇給することも予想されます。
中田久美さんの今後の年収にも注目ですね。

中田久美の結婚した夫や子供はいる?

中田久美さんは
1993年バレーボール選手を引退後、

29歳で林隆夫さんとご結婚なさっています。

中田久美さんの夫である林隆夫さんは、
甲子園に出場経験もあるスポーツマン
だったそうです。

ちなみに林隆夫さんの出身校である
国学院久我山高等学校は、
春夏通算5回も甲子園出場経験のある強豪校です。

きっとかなり運動神経の良い方なのでしょう。

同じスポーツ選手ということで意気投合し、
結婚するに至ったという中田久美さん林隆夫さん。

はじめは話題も合うとても
仲の良いご夫婦だったそうですが、
結婚してわずか3年で離婚という選択をしています。

ちなみにおふたりの間に
子供はいなかったそうです。

ストイックな性格の中田久美さんなので、
結婚生活でもストイックさを発揮
してしまったのでしょうか、

後に「結婚に完璧を求めたらいけなかった」
と述べていたことがあったそうで、
これが結婚生活にピリオドを打った
答えだと言われています。

その後は再婚のニュースもないので
現在は独身のようですが、
あれだけ綺麗な中田久美さんなので、
きっと好意を抱いている男性も多いのではないでしょうか。

今、全日本女子バレーボールで大人気!
古賀紗理那選手の記事はこちら!

バレーボール日本女子代表の 古賀紗理那(こがさりな)さんは、 女子選手としてはかなりの跳躍力があり、 その最高到達点は30...

まとめ

14歳でバレーボールをはじめ、
その1年後には日本代表入りしたという
天才セッター中田久美さん。

バレーボール漬けの生活を送り
ストイックに技を磨いてきた中田久美さんは
日本代表として数々のタイトルを獲得し、

史上初となる3度のオリンピック出場を
果たした輝かしい実績の持ち主でした。

そして現役引退後もストイックに
夢を追い求めた中田久美さんは、
イタリアへ渡り日本人として初めて
海外リーグの監督も務めています。

国内でも久光製薬スプリングスで監督を
務めになった中田久美さんは、
就任1年目早々にタイトルを総なめにし、

2017年からは女子日本代表監督に就任しています。
指導が的確で具体的、

そしてコミュニケーション力に定評のある
中田久美さんは、

なによりもチームワークを大切にした
指導を心がけているそうです。

チームワークが大切な競技である
バレーボールには欠かせないコミュニケーション能力。

新たに中田久美さんが監督になり、
女子日本代表チームが2020年
東京オリンピックに向けて

どのように成長していくのか大いに期待したいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする